ブログ・コラム

2012.04.29

まず自分の言葉を信頼してもらうには?

ホームページで、いくらいいことを書いても、こんなにすばらしいサービスだと書いたとしても、その言葉に疑いを持たれてしまってはおしまいです。
なにを書いても、どんなに力説しても、なんの効果もありません。

では、どうしたらいいのか?

相手に信頼してもらう方法の一つは、自分のプロフィール・人となりをオープンにすることです。

匿名ではいい加減なことを書けますし、相手も信用しません。
地域密着で商売やっている会社ほど、身元がわかっている状態であれば、いい加減なことができません。

これは、きのう、スーパーに行ったときに撮った、野菜売り場の写真です。

「このきゅうりは私が作りました」と、名前と顔写真入りで売っている光景は、いまでは珍しくないですね。

これで、いい加減な野菜を出荷したら地元で笑いものですし、なかなか商売しづらくなります。
だからこそ、いいものを作ろうとするし、そうしてくれるだろうという期待感と安心感がお客さまに伝わります。

ホームページであってもまったく同じです。
いや、顔の見えにくいホームページだからこそ、より一層の情報開示が必要ですね!

カレンダー

«4月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

ブログ内検索