ブログ・コラム

2021.01.16

保護犬ってなに?

きょうは土曜日なので、個人的なブログです。

ミルカミルカ(フォルクローレ)ネタと合わせて

もう1つの私個人のネタというと、保護犬のことです。

 

保護犬というのは、何らかの理由で保護された犬です。

そのままですね♪

もしかして(ちょっと違いますが)迷い犬、捨て犬といったほうが、イメージしやすいかもしれません。

 

迷い犬、捨て犬は、役所や警察を経て、保健所に一時的に捕獲されます。

原則、ここで7日間預かり、飼い主が判明(名乗りを上げる)まで待ちます。

見つからない場合、殺処分(安楽死ではない)されるのが迷い犬、捨て犬の運命。

 

殺処分になる前に、希望者(その多くは、ボランティア団体)が引き出し、

保護して、里親を探します。

そういう犬を保護犬といいます。

殺処分になる前に保護されるから、保護犬。

 

保健所から引き出して(譲渡)保護される以外にも、いくつかのパターンがあります。

たとえば、悪徳繁殖業者からです。

悪徳繁殖業者・・・仰々(ぎょうぎょう)しい言い方ですよね。

一般的にはブリーダーというのかもしれませんが、

私は、悪徳繁殖業者のことをブリーダーというのには抵抗があります。

ブリーダーというのは、もっとちゃんと犬のことを考えている人たち。

本当はパピーミル(子犬工場)といって、ブリーダーと区分しているらしいですが、

あまり日本ではこの呼び方は普及していないかも?ですね。

 

悪徳繁殖業者は、年老いて出産数が減ってきた犬などを廃棄することがあります。

また、廃業するときに、まとめて犬を廃棄します。

そういうところから、ボランティア団体が引き取り、

保護犬として譲渡されることもあります。

 

何らかの理由で、犬が飼えなくなり、

ボランティア団体が里親探しに協力・代行するという形で、

保護犬として里子に出されることもあります。

 

ほかにもあるかと思いますが、主にはこの辺でしょうか。

私は、以前にホァンホァンという犬を飼っていました。

ホァンホァンは、元保護犬です。

残念ながら、私の元では3年3ヶ月しか過ごせなかったのですが、

私も、ホァンホァンにとっても、幸せな3年3ヶ月だっただろうと信じています。

 

それ以来、犬の保護活動のお手伝いをするようになりました。

ボランティアとしてがっつり保護活動している人たちに比べて、

ほんのちょっとのお手伝いなのですが、

お手伝いできる人がたくさんいたら、きっと不幸な犬が減るでしょう。

そして、もし犬を飼う人がいたら、保護犬を選択肢の1つに入れてみてください。

カレンダー

«1月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

ブログ内検索