ブログ・コラム

2021.04.13

すべての「流動性」を高めよ

きのうは、(ほぼ)毎月参加している西原ゼミ。

今回のテーマは、タイトルの通り。

 

”すべての「流動性」を高めよ”

 

淀んだ水は腐る。

どんなにきれいな水も、完全に密閉すると腐る。

流れる水は腐らないが流れない水は腐る。

流れ(=流動性)が、新鮮な状態を維持するということか。

 

”すべての元凶は「流動性の低さ」にある”

日本における人材の流動性の低さは、目を覆うばかりだ。

企業が人を正社員としていったん雇用したら、

基本的に解雇することはできない。

だから、給料も上がらない。

(安定するというメリットもある)

 

沈滞を変えるには流動性を高めること。

人や企業を元気にするのは、高い流動性。

最大の制約は、解雇規制。

 

流動性が低くなると、社員を引き留めるための企業努力、インセンティブが働かない

熱意のある労働者は、日本6%、アメリカ33%、世界平均15%

日本人は、会社嫌い、愛社精神がない。

平均勤続年数は、アメリカ4年、日本11年。

長く働いているのに、日本人は会社嫌い。

簡単に人を切れるようにすべきという話しではない。

大事なのは、人材のマッチング。

その人とその仕事がマッチングしているかどうか。

マッチングしているところに動いていくこと。

流動性が低いから、マッチングしていない人を、

マッチングしていない仕事に割り当てなければならない。

だから、仕事に熱意も出ないし生産性だって上がらない。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

私は、どんどんを人を解雇すればいいは思っていない。

しかし、多くの人は、しりに火がついてやる気が出る(少なくとも私はそう)

だから、しりに火がつかない(=ぜったいに首にならない)状態で

めちゃめちゃ熱意をもって仕事に取り組める人は少数。

生活のために仕事をしているのはわかっているけど、

その仕事が充実していて、生活費と充実が両立するなら

そのほうがいい。

 

会社だってそう。

もしかするとやめてしまうかもしれないと思うと、

社員さんへの対応の仕方を考える。

あまりぞんざいに扱わない。

 

不安定なことは、

私みたいなしりに火がつかないと動かない人にとっては、

決して悪いことではない。

 

そんなふうに思った西原ゼミ(前半)でした。

カレンダー

«4月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ内検索