ブログ・コラム

2021.05.04

ESGとSDGs

ちょっと前に、SDGs実践入門という本を読みました。

この中で、長年もやもやしていたことが

1つ明確になったことがあります。

それは、ESGとSDGsの関係です。

 

SDGs関連の書籍を読んでいると

必ず出てくるESG。

私は、ESG投資という形で見ることが多かった。

 

ESGは、

環境(Environment)

社会(Social)

ガバナンス(Governance)

の略。

  

ESGに取り組む企業は

社会に有益なので、

優先的に投資する、これがESG投資。

簡単に言うと、そういうこと(らしい)。

 

一応、わかるにはわかるのですが、

なにか自分の中でSDGsと

あまりつながってこなかった。

 

ESGを投資の話しではなく、ESG問題として見る。

つまり、

環境(Environment)

社会(Social)

ガバナンス(Governance)=企業統制

の3分野の問題としてみるのだけど

E、S、Gは同列ではないという。

すべてはGが始まり。

 

つまりG=ガバナンス=(企業)統制の問題。

ここがスタート。

資本主義が約500年、

産業革命から約250年。

これらを起点に、

企業など(国家も)が作ってきた様々な問題が

環境(Environment)問題と社会(Social)問題。

 

たとえば、公害、温暖化、異常気象、資源の枯渇のような環境の問題(E)や

強制労働、資源を求めた領土拡大戦争、過労死、格差社会、さまざまな不平等のような社会問題(S)

これらの多くは、ガバナンス(G)が起こした。

 

つまりは、ESG問題は、

企業とそれらを含む経済活動全般が

数100年かけてつくりだした問題(が多い)

 

ESG問題の中でも、特に緊急で重要な17の目標がSDGs。

17の目標の下には、詳細化した169の具体的な課題と、

その進捗を評価計測するための232の指標が定義されている。

SDGsはESG問題を具体的に定義し、

解決することを世界的に合意したもの。

 

SDGsという枠組み・ツールを使って

ESG問題を軽減・解決に向かわせる。

 

それは社会の要請でもあるので、

ESG問題に取り組む企業(=SDGsに取り組む企業)に

優先的に投資することで、

資金面から、ESG問題を解決に向かわせるのがESG投資。

というのが、ESGとSDGsの関係ってことと

私は、理解をしました。

(あってるのかなぁ・・・・)

 

とにかく、これが1つ分かっただけでも、

この本を読んだ価値がありました。

もちろん、もっともっと学んだことはあります。

 

最近、SDGsを一緒に勉強する会を

2ヶ月ごとに開催をしています。

もし興味がある人は私にご連絡ください。

次回は、6/23水19時からになりそうです。

6月は、めちゃめちゃおもしろいですよ。

ちゃんと、内容を発表できるようになったら、

お伝えをしますね。

カレンダー

«5月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

ブログ内検索