ブログ・コラム

2022.01.18

PanasonicレッツノートLet's Note CF-SZ6を工場出荷状態に初期化する(リカバリー、DtoD)

私の使っている(いた)レッツノートを

工場出荷時の状況に初期化することになった。

こういうのは数年に1回のことなので、

せっかくなので、記録(ブログ)に残しておこうかなと。

 

実は、以前にキーボードが壊れた時に、

交換の状況をブログに残してあるのだけれども、

このブログがめちゃくちゃ閲覧数が多くて、

なおかつ、業績に寄与しないというスバラシイブログでして(笑)

 

今回は(次回があるのかわかりませんが)、

DtoD領域と呼ばれる、リカバリー領域を使った

初期化の方法をやってみます。

 

再起動してBIOS画面を出す

再起動して、Panasonicのロゴが出ているときに、F2キーを押します。

 

すると、BIOS画面が出ます。

BIOS画面ってなんだって?

BIOSとは、Basic Input Output Systemの略。

直訳すると、基本の入出力システム(あっ、システムは英語だwww)

電源入れたときに、一番最初に動くソフトですね。

BIOSが、ハードディスクに入ったWindowsを起動したりします。

 

リカバリー領域を指定して起動する

レッツノートには、リカバリー領域というのがあります。

WindowsのCD/DVDのイメージがそこにあるような感じですね。

リカバリー領域から起動すると、

WindowsのCD/DVDがなくても再インストールできます。

矢印キーで、[終了]タブを選択、

[Recovery Partition]を選択します。

 

すると、リカバリー領域が起動されます。

(うわっ!画面きったねぇwww)

 

リカバリーメニューを選択

[リカバリー]を選択

 

[Disk 0]を選択

 

[工場出荷状態に戻す]を選択

※出てきた通り選択していくだけですね

 

初期化・再インストールが始まります

パーテーションの初期化とWindowsの再インストールが始まります。

ここからはしばらく時間がかかります。

SZ6(SSD256)で、20分程度かな。

 

こんなのが出たり・・・

 

をっ!起動した!

 

終わったのかな?

 

あっ、まだなのね(笑)

 

こんな画面を繰り返しすこと数回。

20分程度待ってください。

ほっておけば終わります。

 

初期化終了

[リカバリー処理が終了しました]と出たら終わり。

シャットダウンしましょう。

 

念のために

念のため確認に起動してみると、こんな画面に。

あぁ、数年前にこんな画面見たかもな~

ということで、工場出荷状態に戻すことができました。

 

初期化は簡単

DtoD領域を使ったリカバリーは、

起動するまでがちょっと面倒ですが、

リカバリーパーテーションからの起動さえできてしまえば

あとは簡単です。

 

しょっちゅうするものではないですが、

必要な時があったら、参考にしてみてください。

 

カレンダー

«1月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

ブログ内検索