ブログ・コラム

会社経営

2021.04.13

すべての「流動性」を高めよ

きのうは、(ほぼ)毎月参加している西原ゼミ。

今回のテーマは、タイトルの通り。

 

”すべての「流動性」を高めよ”

 

淀んだ水は腐る。

どんなにきれいな水も、完全に密閉すると腐る。

流れる水は腐らないが流れない水は腐る。

流れ(=流動性)が、新鮮な状態を維持するということか。

 

”すべての元凶は「流動性の低さ」にある”

日本における人材の流動性の低さは、目を覆うばかりだ。

企業が人を正社員としていったん雇用したら、

基本的に解雇することはできない。

だから、給料も上がらない。

(安定するというメリットもある)

 

沈滞を変えるには流動性を高めること。

人や企業を元気にするのは、高い流動性。

最大の制約は、解雇規制。

 

流動性が低くなると、社員を引き留めるための企業努力、インセンティブが働かない

熱意のある労働者は、日本6%、アメリカ33%、世界平均15%

日本人は、会社嫌い、愛社精神がない。

平均勤続年数は、アメリカ4年、日本11年。

長く働いているのに、日本人は会社嫌い。

簡単に人を切れるようにすべきという話しではない。

大事なのは、人材のマッチング。

その人とその仕事がマッチングしているかどうか。

マッチングしているところに動いていくこと。

流動性が低いから、マッチングしていない人を、

マッチングしていない仕事に割り当てなければならない。

だから、仕事に熱意も出ないし生産性だって上がらない。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

私は、どんどんを人を解雇すればいいは思っていない。

しかし、多くの人は、しりに火がついてやる気が出る(少なくとも私はそう)

だから、しりに火がつかない(=ぜったいに首にならない)状態で

めちゃめちゃ熱意をもって仕事に取り組める人は少数。

生活のために仕事をしているのはわかっているけど、

その仕事が充実していて、生活費と充実が両立するなら

そのほうがいい。

 

会社だってそう。

もしかするとやめてしまうかもしれないと思うと、

社員さんへの対応の仕方を考える。

あまりぞんざいに扱わない。

 

不安定なことは、

私みたいなしりに火がつかないと動かない人にとっては、

決して悪いことではない。

 

そんなふうに思った西原ゼミ(前半)でした。

2021.04.08

本日のSDGs勉強会のまとめ

2021/4/8 有志によるSDGs勉強会をZoomで開催しました。

簡単なSDGsとはの説明の後に、2人のメンバーからの報告。

その後、短めのバズ(小グループディスカッション)とグループ報告を行いました。

進行を1人でやったため、バタバタな進行でしたが、

いい学びの場となったと思っています。

内容を共有します。

 

まず1人目。S氏

「2030SDGsゲームとは?」

2020/2 静岡県主催のSDGsセミナーに参加。SDGsの概要をする

2020/11 みしま未来研究所での2030SDGsカードゲームのイベントに娘さんと参加し感銘を受ける。

いまは教科書にSDGsが出ている。

大人がこのままでいいのか?子供に渡せるのか?

 

20万人以上の参加者、数100名のファシリテーターからのフィードバックで作られている。

ファシリテータは、指示・コントロールせず、中立的に進行。参加者の価値観・意思での行動を重要視。

日本製カードゲームであるが、国連でもプレイされた実績あり。ワールドワイドの広がり。

企業、自発的なイベント、省庁自治体、学校などでもワークショップ開催。

 

[個人の意識]⇔[社会システム]相互に影響し働きかける。

Transforming Our World(我々の世界を変革する)こと、これが重要なコンセプト。

 

このゲームの目標は、SDGsの目標の詳細を理解したり知識を得ることではない。

なぜ、私たちの世界にSDGsが必要なのか?

SDGsがあることで、どんな可能性が生まれるのか?

ゲームを通して、これらを体感的に理解すること。

 

2人目、M氏

「入口から考えるSDGs ~企業づくりと地域づくりは不離一体~」

SDGsはワールドワイドな視点。

これをズームイン、ダウンサイジングして行くと

世界の課題→日本→地域→業界→会社の課題になる。

創業して2020年で創業50年。

その変遷を記念誌にまとめた。

本社は高齢者・障がい者の雇用も多い。

経営指針書の中に、SDGsやBCPの内容も盛り込んでいる。

 

SDGsの17の目標を見ても、関係あるところとないところがあるような気がしてしまう。

この17の目標を、自社の課題に言い換えている。

たとえば、

1.貧困をなくそう→待遇の持続的改善・雇用の安定

のように。

 

SDGsの17の目標を会社サイズに落とし込む。

その会社の課題改善を推進することで、SDGsにつなげていく。

このように、経営指針とSDGsをつなげている。

 

SDGsの活動を推進するにしても原資が必要。

企業主導型保育園の立ち上げ、

物流センターに太陽光発電設備を設置し、

売電で得られた収益を、儲けとして残すのではなく、

活動の原資に充てる。

 

その後、

再生可能エネルギーに切り替えるために、

自家消費用の太陽光発電の実施。

安心安全な働き方のために

企業型確定拠出年金制度の導入。

ホロライトアロー(光による安全装置)により

聴覚障がい者の採用と事故防止。

異常気象対応で、非常用電源の確保。

新物流センター計画も社員の安全な職場づくりのため。

健康経営、などの取組みをしている。

 

これらを早く取り組むことのメリットとして、

各新聞・雑誌へ取り上げられることも多い。

 

何かに取り組むためには原資が必要。

松葉倉庫は、そのために、エネルギー分野として

太陽光発電(再生可能エネルギ―)を行い、原資を確保した。

それがほかのSDGsの活動につながっている。

つまり17の目標はすべてつながっていると言える。

 

これらの活動を、不離一体シートにまとめている。

過去のピンチの時にどういう対応をしたかもわかるし、

これから未来の目標を入れることで、

進むべき道を明確化できいる。

そこにまた、取り組んだ内容を追記していく。

 

2人の経営者それぞれに、SDGsへの取り組みを報告いただきました。

1つでもいいからヒントを得て、新たな行動につなげてくれたらいいですね。

そんな、行動の発信地にしたいです。

 

あーーーっ! また全員の記念撮影わすれたーーーーっ!

25名超えると、録画していても全員が画面に映らないんだよな~。

参加してくださったみなさん、ごめんなさいm(__)m

2021.04.05

SDGsの勉強会を開催します

前回2月に開催しました有志によるSDGs勉強会の勉強会。

2ヶ月毎くらいにやっていこうということで、

今週、第2回を開催します。

 

今回は2人の経営者が、取組みを報告してくれます。

1人は、中小企業家同友会で学んだ経営指針に基づき

以前からしっかりとした経営に取り組んでいる人です。

SDGsが世の中に出てきたとき、

これは、今まで取り組んできたことと

本質的には変わらないととらえ、

長く積み上げてきた自社の経営と

SDGsを合わせこんで取り入れている事例です。

 

それまで中小企業がどのようにSDGsに

取り組んだらいいのかとてももやもやしていました。

私は、この話しを聞いて、

あぁ、なるほど!と道を示してもらった気がしました。

 

もう1人は、お子さんと一緒にSDGsカードゲーム会に参加したら、

お子さんのほうが詳しかったことに衝撃を受けた。

これではいけないと、SDGsカードゲームの

認定インストラクターになってしまった人です。

自社にもSDGsを取り入れ始めています。

 

おふたりの実践を伴う取り組みの報告を聞きながら、

参加者同士がディスカッションの時間も取ります。

その後、どのようなディスカッションが行われたか、

グループごとの報告があります。

 

単に一方的ではない。

自分の話しもしながら、相手の話しも聞く。

そして、自分がどのように感じたか、

それぞれが感じ取って持ち帰り、

自社の経営に活かすような勉強会です。

会員以外でも参加大歓迎ですので、

ご興味がある人は、ぜひ下記から参加申し込みいただくか、

私までご連絡ください。

 

https://www.szdoyu.gr.jp/eventinfo/

2021.04.02

12年ぶりの新卒社員

きのうは2名の新メンバーが

私たちアーティスティックスの仲間に加わりました。

 

1人は新卒、そしてもう1名は新卒ではないのですが、

そこはまたおいおい・・・

 

新卒の社員さん。

アーティスティックスは、2000年ごろからリーマンショックまで、

毎年数名の新卒を採用してきました。

 

2000年当時、アーティスティックスは私含めて2名。

それで3名の新卒を採用したのだから、無茶しました。

10名以上いる会社でさえ

「自分たちみたいな小さな会社では、新卒なんて育てている余裕ないよ」

と言っていた時代。

大変な道を選択しましたが、新卒採用にチャレンジしてよかったです。

 

といっても、本当は私たちだって、

いい経験者の中途社員を採用したかった。

しかし、何度か雇ってはみたものの、

なかなか良い人と出会えず、

定着もせず、という状態でした。

どうせ大変な思いをするのであれば、

新卒を1から育てたほうがまだいい、

ということで、仕方がなく新卒採用に切り替えた。

つまり、選択の余地があまりなかっただけ。

それが、結果オーライでした。

 

しかし、リーマンショックで大変になり、

新卒採用を止めていました。

今年度だって、募集をしていたわけではない。

なのに応募があった。

正直言って「えっ?なんで?」という気持ち。

しかし、私の母校からの応募。

かわいいかわいい後輩が、私の会社に興味があると言ってくれている。

これは、まさか会わないで断るわけにもいかない。

ぜひ会ってみたいと思い、会社に来てもらいました。

まずは会社説明というスタンスでの面談。

しばらく新卒採用の募集はしていなかったこと。

今年も募集はしていないこと。

しかし、希望してくれるのであれば、ちゃんと検討をするから、ぜひ応募してほしいこと。

等を伝えました。

募集してもなかなか応募がない中、とてもありがたいことです。

 

会って話をしてみると、とても素直そうで人柄のよさそうな学生。

当社のことも気に入ってくれた模様。

応募したいと言ってくれました。

 

当社の面接はちょっと変わっていて、

1次面接は私。

最終面接は、社員さんたちなんです。

日々いっしょに働くのは社員さんたち。

その人たちが、「この人と一緒に働きたい」

と思うかどうかは重要。

なので、最終ジャッジは、社員さんたちの意見が最重要なんです。

 

そんなことを経て、当社に入ってくれた新卒の社員さん。

これからの成長が、とっても楽しみです。

2021.04.01

新年度。そして新メンバー

今日から新年度。

今年の新年度は一味違う。

何が違うかというと、

10数年ぶりの新卒採用をした。

だから、入社式があるのだ!(すばらしい!)

 

ところで、入社式って何やるんだっけ?

ひさしぶりすぎて、

以前、どんなことをやっていたのか

思い出せなくなってる。

私たちは、かなり積極的に新卒採用をしてきた。

それが、リーマンショックがあってから新卒採用を止めた。

それから12年(たぶん・・・・

 

なにがうれしいって、

12年前に採用した最後の新人

といっても、勤続12年なのだが、

その社員さんを、先輩にすることができたこと。

後輩ができるというのは、

その人が伸びるチャンス。

自分よりも後輩がいると、

その人の行動や心構えが変わる。

初日から、先輩H君に

新メンバー2名を見てもらっていた。

ちょっと遠くから見ていると、

普段おとなしいH君は、

とても頼もしく、先輩として、

しっかり2人を導いている。

見ていて、涙が込み上げてきた。

ひとり涙する55歳のおっさん。

はたから見たら不気味かもしれないが、

とても素晴らしい1日でした。

 

新メンバーのこれからの活躍と、

先輩H君のさらなる成長が楽しみだ。

カレンダー

«5月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

ブログ内検索