ブログ・コラム

2021年04月

2021.04.16

クラウド経営フォーラム2013 in 沼津・三島

Facebookの思い出という機能は

地味にありがたいですね。

8年前の今日、

清水町の卸団地の商社センター会議室で

クラウド経営フォーラム2013 in 沼津・三島を

開催した日でした。

私たちにとっては、初めてのビッグイベント。

たしか、170人くらいが参加してくれて、

新聞にも取り上げてもらいました。

開発会社でこんなことをやっている会社は

ほとんどなかった頃なので、

自分たちとしても、大きな自信になりました。

 

開発者がほとんどだった当社社員さんですが、

このイベント運営を通して、

お客様の役に立つということが、

なんとなく肌感覚として分かった。

 

これを機に、会社の在り方が変わった

大きな転機でした。

 

IT業界ができてからリーマンショックまで、

えり好みさえしなければ仕事がないということがない

という時代が続きました。

 

そのため、仕事に対しての不満が

当たり前のように口にされていたような気がする。

 

しかし、リーマンショック後の仕事がなくなった時、

悩みに悩んで、地域のみなさんに直接貢献ができるIT企業に変わる

という方針に大きく舵を切ったのがこの時。

多くの苦労と負担を社員さんに強いることになりました。

たくさんの血を流し、多くの社員さんが去っていきましたが、

その結果、社員さんみんながとても成長をし、

会社としても第二創業に近いくらいの変化をしました。

きょうは、Facebookがその原点を思い出させてくれた朝でした。

これからも、地域と地域企業に貢献ができるIT企業であれるよう

社員ともども、力をつけていきたいです。

2021.04.15

最近市役所に行くことが多いが・・・

年度末~年度初めだから、

最近は、何度も市役所に行く。

思うのが、いつ行ってもみんな忙しそうだな~ということ。

 

こっちも頻繁にいくんだけど、

ということは、役所の人もいろいろ仕事が忙しい時期。

それに加えてコロナ関係でいつもとは違う仕事が。

 

もう少しやりようはあるのかもしれないけど、

そう簡単には変えられない事情もあるのでしょう。

私たち中小企業みたいに、

社長が「変えちゃおう」っていったら変わるわけじゃない。

 

私は役所関係は全然慣れていないので

いろいろと教えてもらいながらやっているけど、

窓口の人はみんなていねいで親切。

少なくとも市役所は。

専門家しか行かない役所(どことは言わないけど)は、

総じて対応が冷たい。

私もいくつか、あまり好きではない役所はあるのだけど、

市役所は、みんな親切なので割と好きです。

 

会社が沼津に復帰して1年。

せっかくだから、地元と一緒にできること、

やっていきたいな~と思っています。

 

そんなわけで、動き出します。

2021.04.14

中小企業家同友会支部総会開催

本日は、私が所属している

静岡県中小企業家同友会の沼津支部の総会でした。

 

昨年は世界的な事情により

開催ができなかった総会。

今年は、ハイブリッドとはいえ、

懇親会ナシとはいえ、

とにかく対面でできたこと、

感慨深い思いで参加していました。

 

頼重沼津市長にも、Zoomでご参加いただき、

ごあいさつをしてもらいました。

 

 

一昨年度で支部長を退任し、

支部では顧問としてサポート側に回り2年目。

 

しかし、ただ成り行きに任せていくのはつまらない。

以前からやりたいと思っていた

有志によるSDGsの勉強会を2月から立ち上げ。

 

有志と言っても、いまのところ運営は私一人。

でも、支部を超えた多くのメンバーに参加してもらい、

とても前向きでよい会として、まずはスタート。

参加者に具体的なプラスとなり、

事業成長のきっかけとなる勉強会にしていきたいです。

出来れば、地元の信用金庫などの連携していきたいと思っています。

協力してくれる人がいたら、ぜひお声かけください。

 

 

また、以前から参加している沼津市中小企業振興会議。

同友会沼津支部の代表として参加していますが、

ここもただ参加するのではなく、

同友会と沼津市や他団体との連携の場として、

積極的に提案していきたいです。

 

起業家支援策はいろいろとあるようですが、

起業後のセカンドステップについては

中小企業家同友会は力を発揮できるのではないかと考えています。

ぜひ、興味のある方はお声かけください。

ディスカッションしたいです。

 

 

それともう1つ。

今期から、経営指針を創る会の委員長を拝命しました。

今年度から、会の名前を変更し、

経営推進委員会としました。

 

経営指針書は同友会員であれば作るのは当然。

で、作って終わりにしてはもったいない。

経営指針書の進捗や、

進めていくうえでの課題を

社内で話し合う相手がいない人も多数いる。

そういう人のために、

経営指針書に基づく経営を、

毎月チェックしあうような会にしたい。

そういう思いから、経営推進委員会としました。

経営指針の推進を仲間でやっていきたい人、

ぜひ参加してみませんか?

 

 

今年度の同友会活動は、

1.SDGs勉強会

2.沼津市中小企業振興会議

3.経営推進委員会

この3つを軸に活動をしていくつもりです。

どれか一つでも、ピンとくるのがあったら、

お声かけください。

2021.04.13

すべての「流動性」を高めよ

きのうは、(ほぼ)毎月参加している西原ゼミ。

今回のテーマは、タイトルの通り。

 

”すべての「流動性」を高めよ”

 

淀んだ水は腐る。

どんなにきれいな水も、完全に密閉すると腐る。

流れる水は腐らないが流れない水は腐る。

流れ(=流動性)が、新鮮な状態を維持するということか。

 

”すべての元凶は「流動性の低さ」にある”

日本における人材の流動性の低さは、目を覆うばかりだ。

企業が人を正社員としていったん雇用したら、

基本的に解雇することはできない。

だから、給料も上がらない。

(安定するというメリットもある)

 

沈滞を変えるには流動性を高めること。

人や企業を元気にするのは、高い流動性。

最大の制約は、解雇規制。

 

流動性が低くなると、社員を引き留めるための企業努力、インセンティブが働かない

熱意のある労働者は、日本6%、アメリカ33%、世界平均15%

日本人は、会社嫌い、愛社精神がない。

平均勤続年数は、アメリカ4年、日本11年。

長く働いているのに、日本人は会社嫌い。

簡単に人を切れるようにすべきという話しではない。

大事なのは、人材のマッチング。

その人とその仕事がマッチングしているかどうか。

マッチングしているところに動いていくこと。

流動性が低いから、マッチングしていない人を、

マッチングしていない仕事に割り当てなければならない。

だから、仕事に熱意も出ないし生産性だって上がらない。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

私は、どんどんを人を解雇すればいいは思っていない。

しかし、多くの人は、しりに火がついてやる気が出る(少なくとも私はそう)

だから、しりに火がつかない(=ぜったいに首にならない)状態で

めちゃめちゃ熱意をもって仕事に取り組める人は少数。

生活のために仕事をしているのはわかっているけど、

その仕事が充実していて、生活費と充実が両立するなら

そのほうがいい。

 

会社だってそう。

もしかするとやめてしまうかもしれないと思うと、

社員さんへの対応の仕方を考える。

あまりぞんざいに扱わない。

 

不安定なことは、

私みたいなしりに火がつかないと動かない人にとっては、

決して悪いことではない。

 

そんなふうに思った西原ゼミ(前半)でした。

2021.04.12

今夜は西原ゼミ

毎月、(ほぼ)欠かさず出席している西原ゼミ。

リカレント教育の場として参加しています。

毎日本を読み、毎日ブログを書いている西原さん。

その見識を分けてもらっています。

今夜も楽しみです。

2021.04.11

みんなが集まるテーブルを作成

きょうは日曜日。

家の予定もなくゆっくりな1日。

あっ!そうだ!テーブルを作ろう!

 

以前から、テーブルが欲しかったんです。

私の会社は、仕事をする席はフリーアドレス。

4/1で2人が増えたため

席が足りなくなったので机を2つ買い足した。

仕事をするフリーアドレスの席とは別に、

通称コラボレーションスペースと

呼ばれているテーブルがある。

このオフィスに引っ越したときに、

ちょっとがんばって、

スノーピークのテーブルと

FDチェアを買った。

 

今回はどうしよーかな~って・・・

同じものを買うほうがいいんですが。

かっこいいしね、スノーピーク。

 

でもね、ちょっとね、お値段が(笑)

買って買えないことはないのですが、

お金を生まないものなので、

今回は節約することにしました。

 

1年前にオフィスを引っ越しした時に

旧オフィスで使っていたコンパネ(合板)があまってた。

前のオフィスは、マンションという名の、

3階建てのよくある低層賃貸アパートの1室。

リーマンショック後の、本当に厳しい時期の

約8年間を過ごした旧オフィス。

畳の部屋もあったため、コンパネを敷いて、

その上にフリーアドレステーブルを置いていました。

 

コンパネを3枚使った簡易テーブル

一緒に使うスノーピークのテーブルが

660mmの高さなので、それに合わせることに。

ちなみに、一般的なオフィスデスクは、ほとんど700㎜

 

コンパネの厚さを引いて、650㎜くらいに切った後、2分割。

真ん中に半分ずつ切れ込みを入れると、

組み合わせて足になる。

この上に、コンパネを載せるだけの簡単なもの。

余っていた材料なので0円。

まぁまぁの出来だね。

ただ、チョットささくれが…

木工用のやすり、どこ行ったかな。

 

さて、ここで問題が...

会社に持っていくのに、

1枚モノのコンパネが車に乗らない(笑)

まぁ、助手席を倒して、板をナナメにして、

何とか乗せる。

と、天井の内装にカドがぶつかって

穴が開きそうになった(泣)

あ~あ・・・

 

明日会社に設置しよう。

社員さんみんなが集まって

談笑する場になったらいいなぁ!

2021.04.10

オフィスの前の土のところを花壇にする計画

今日はついに、

「オフィスの前の土のところを花壇にする計画」

の、第一歩を進めた。

土を掘り返し、

石を取り除き、

花の種をまいた。

 

思った以上に土は柔らかく、

これならいい花壇になりそうだ。

エスポットで

ヒャクニチソウとインパチェンスの種を買い

蒔いてみた。

暫くしてみると・・・・

誰かが踏み込んだ後が!

あぁ、そうかぁ、そうだよな~

何もないと、足を踏み込んじゃうよね~

ある程度、花が成長してきたら何とかなると思うんだけど。

かといって、あまり人を止めるようなものを

置きたくないしな~。

しばらく様子見かなぁ。

2021.04.09

みんなの図書館さんかく沼津の本を追加

きょうは、みんなの図書館さんかく沼津で借りている

自分の本棚に、本を何冊か追加した。

探していた(自宅内で行方不明だった)本たちが

一部発見されたので(笑)

 

ハンドメイド・ハウス(藤門弘)、カントリー・キッチン(宇土巻子)

アリス・ファームを運営している人たち。

このパートナーの2人で運営されている。

自給自足の集団なのかな。

クラフト集団なのかな。

藤門弘さんは、シェーカー家具を作っていて、

宇土巻子さんは、草木染などをやっている人。(だったかな~、ちがったかな~)

私の10代後半~20代前半の夢は自給自足だったので、

こういう本をよく読んでいました。

起業して、社員さんを雇うようになって、

自分の夢にふたをしてしまいました。

また、開ける時が来るといいなぁ・・・

 

地球の上に生きる、地球にやさしい生活術も

その流れです。

 

自給自足の本は以前からおいてありました。

いい本です。

 

経営戦略

経営者の指導に力を注いだ一倉定さんの本。

 

社長の器が会社を決める。

これは、自分への戒めですね~

 

経理のことがよくわかる本。

会社を作ったばかりの頃に読みました。

相当古いですが、経理の基礎を素人が学ぶにはいい本です。

 

中身をずいぶんと忘れています。

また読みなおそっと。

2021.04.08

本日のSDGs勉強会のまとめ

2021/4/8 有志によるSDGs勉強会をZoomで開催しました。

簡単なSDGsとはの説明の後に、2人のメンバーからの報告。

その後、短めのバズ(小グループディスカッション)とグループ報告を行いました。

進行を1人でやったため、バタバタな進行でしたが、

いい学びの場となったと思っています。

内容を共有します。

 

まず1人目。S氏

「2030SDGsゲームとは?」

2020/2 静岡県主催のSDGsセミナーに参加。SDGsの概要をする

2020/11 みしま未来研究所での2030SDGsカードゲームのイベントに娘さんと参加し感銘を受ける。

いまは教科書にSDGsが出ている。

大人がこのままでいいのか?子供に渡せるのか?

 

20万人以上の参加者、数100名のファシリテーターからのフィードバックで作られている。

ファシリテータは、指示・コントロールせず、中立的に進行。参加者の価値観・意思での行動を重要視。

日本製カードゲームであるが、国連でもプレイされた実績あり。ワールドワイドの広がり。

企業、自発的なイベント、省庁自治体、学校などでもワークショップ開催。

 

[個人の意識]⇔[社会システム]相互に影響し働きかける。

Transforming Our World(我々の世界を変革する)こと、これが重要なコンセプト。

 

このゲームの目標は、SDGsの目標の詳細を理解したり知識を得ることではない。

なぜ、私たちの世界にSDGsが必要なのか?

SDGsがあることで、どんな可能性が生まれるのか?

ゲームを通して、これらを体感的に理解すること。

 

2人目、M氏

「入口から考えるSDGs ~企業づくりと地域づくりは不離一体~」

SDGsはワールドワイドな視点。

これをズームイン、ダウンサイジングして行くと

世界の課題→日本→地域→業界→会社の課題になる。

創業して2020年で創業50年。

その変遷を記念誌にまとめた。

本社は高齢者・障がい者の雇用も多い。

経営指針書の中に、SDGsやBCPの内容も盛り込んでいる。

 

SDGsの17の目標を見ても、関係あるところとないところがあるような気がしてしまう。

この17の目標を、自社の課題に言い換えている。

たとえば、

1.貧困をなくそう→待遇の持続的改善・雇用の安定

のように。

 

SDGsの17の目標を会社サイズに落とし込む。

その会社の課題改善を推進することで、SDGsにつなげていく。

このように、経営指針とSDGsをつなげている。

 

SDGsの活動を推進するにしても原資が必要。

企業主導型保育園の立ち上げ、

物流センターに太陽光発電設備を設置し、

売電で得られた収益を、儲けとして残すのではなく、

活動の原資に充てる。

 

その後、

再生可能エネルギーに切り替えるために、

自家消費用の太陽光発電の実施。

安心安全な働き方のために

企業型確定拠出年金制度の導入。

ホロライトアロー(光による安全装置)により

聴覚障がい者の採用と事故防止。

異常気象対応で、非常用電源の確保。

新物流センター計画も社員の安全な職場づくりのため。

健康経営、などの取組みをしている。

 

これらを早く取り組むことのメリットとして、

各新聞・雑誌へ取り上げられることも多い。

 

何かに取り組むためには原資が必要。

松葉倉庫は、そのために、エネルギー分野として

太陽光発電(再生可能エネルギ―)を行い、原資を確保した。

それがほかのSDGsの活動につながっている。

つまり17の目標はすべてつながっていると言える。

 

これらの活動を、不離一体シートにまとめている。

過去のピンチの時にどういう対応をしたかもわかるし、

これから未来の目標を入れることで、

進むべき道を明確化できいる。

そこにまた、取り組んだ内容を追記していく。

 

2人の経営者それぞれに、SDGsへの取り組みを報告いただきました。

1つでもいいからヒントを得て、新たな行動につなげてくれたらいいですね。

そんな、行動の発信地にしたいです。

 

あーーーっ! また全員の記念撮影わすれたーーーーっ!

25名超えると、録画していても全員が画面に映らないんだよな~。

参加してくださったみなさん、ごめんなさいm(__)m

2021.04.07

明日はSDGsセミナー

今回も多くの人の参加登録をいただきました。

SDGsへの関心の高さがうかがわれます。

それとともに、SDGsにある種の魔法みたいなことを期待している人もいます。

SDGsは最近出てきたキーワードですが、

その中身は、特別なことは何もない。

いままで、取り組んできたことを、

体系立てたものです。

必要以上に特別視せずに、

地道に取り組んでいくことが大切だな~と感じています。

カレンダー

«4月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ内検索