ブログ・コラム

2017年05月

2017.05.29

アーティスティックスのCSR活動(2017年5月)

アーティスティックスの2017年5月度のCSR活動です。毎週月曜日の周辺清掃に加え、福祉施設の皆様に点字名刺作成のお仕事を依頼いたしました。

周辺清掃

5月度は月曜日が5回ありましたので、本社周辺の清掃を一人当たり75分行いました。

初夏になり、草木が芽吹き元気になってきました。雑草が生えているところに、落ち葉などが溜まってしまうため、通常の掃き掃除に加えて、草を抜きながら掃除をするようになりました。

また、掃除に夢中になると周りが見えにくくなるので、通行する方の迷惑にならないよう、みんなで声を掛けながら、挨拶をしながら行っています。

GW期間中には、入居しているドットツリーで、町内の周辺清掃がありました。草刈り機で周辺の草を刈り、深い側溝をきれいにしました。
天候も良く、温かいと言うよりかは暑い一日でした。みらいラボ所長もバテ気味ですが、家から草刈り機持参のうえ大活躍でした。

Photo 5月 07, 10 05 05
Photo 5月 07, 10 05 43
Photo 5月 07, 10 05 15

点字名刺を作りました

福祉施設の皆様に点字名刺の作成を依頼いたしました。

なぜ、点字名刺を依頼したかと言うと。。。

名刺交換を行う際に、アーティスティックスと言う社名だけだと、何を行っている会社わかってもらえません(笑)
「クラウドでのシステム構築とホームページ制作を行っています。」なんて簡単に一言を添えるんですが、特に初めての方だと「ホームページ制作」が分かりやすく理解できるので、そのままの印象でホームページ制作会社と認識されてしまいます。
それは大変有難いことなのですが、クラウド(セールスフォースの導入)にも、意識が行くようにしたいなと前々から課題に思っていました。

そこで出会えたのが点字名刺です。

とは言っても、点字を読める人ってそうはいないですよね。

私はそれで良いと思っています。「何が書いてあるんですか?」とか「点字がありますね。」なんて点字に気が付いてくれるだけで、少しでも話題ができればと思っております。

で、出来上がった名刺がこちらです。

私は何を記載したかと言うと、普段心がけている自分なりの活動方針、名前、好きな四字熟語を入れています。
答えは、書かないことにしておきます。直接会って聞いてみてくださいね(笑)

こちらの点字名刺は、障害者の職業訓練の一環として点字加工などを行っているNPO法人ティンクルの皆様に作っていただきました。
既存の名刺があれば、点字として入れる文字と位置を打合せて決めれば預けるだけです。実際に点字をいれる作業は1枚10円でお願いできます。その金額の全額が障害者の工賃となり経済的な自立の後押しになっていいます。
もちろん名刺の印刷からでもご相談できますよ。
ご興味がある方は、ご紹介することも可能ですし、ぜひ問合せしてみてください。

NPO法人ティンクル

住所:〒410-0801
静岡県沼津市大手町1−1−3 商連会館ビル内9F
電話番号:055-963-5718
URL:http://npo-tinkle.com/

ご担当者:後藤様

2017.05.27

時間軸で考える

ある人に、「経営者に最も大切な感覚って何ですか?」(確かこんな感じ)と質問された。
私は、いままでそんなこと考えたこともなかったので悩んだ。
う~ん、なんだろう。。。

決めること
マーケティング
リーダーシップ
仕組化
雇用
社会の役に立つ
利他

人脈
ビジョンを示す
理念
社風づくり

どれも大切…
でも、その中で自分なりに出した答えが「時間軸で考える」ということ。

時間軸で考えるとは、続けること

みなさん、いろんな夢を持ってる。
目標を語る人もいる。
「こんなことしたら儲かる!」というアイディアを話してくれる人もいる。

その中で、意外と抜け落ちるのが
「その先どうするの?」
「同じものが出てきたら?」
「売れ続けるの?」
「どれくらいの期間でそこまで持っていける?」

時間軸で考えるとは、逆算すること


こんなお店でみんなに楽しんでもらいたい!
こんなサービスを出したい!
こんな商品をみんなに届けたい!
それは、すべて一瞬を切り取ったできごと。

そのイメージに持っていくまでに、クリアしなければならないことがたくさんある。
また、本当は出したいサービスを生み出す前に、もしかするとやりたくもない仕事で実績を作らなければ認められないかもしれない。
ゴールから逆算して、そこに持っていくまでに、どんな方法(ルート、ビジョンといってもいい)で実現するのか、それがイメージできる必要がある。

【時間軸で考えるとは、現実を受け入れること】
夢やビジョンを持っていても、きっとその通りにはならない。
絶対に予想外のことが起きる。

思わぬ競合が出てくる
商品が仕入れられない
社員さんがいうことを聞かない
パートナーに裏切られる

きっとびっくりするようなことが起きる。
でも、それを非難していたところで始まらない。
「なんで・・・」と考えていたって、仕方がない。
現実にそうなんだから、それを受け入れて、折り合いをつける。
「その中で自分は何をするか」これしかない。

予想外のこととは、必ずしも悪いことばかりではない。
幸運の女神が目の前を通り過ぎることもある。
その女神の前髪を捕まえられるかどうか。
「幸運の女神は不幸な顔をして現れる」ともいう。
そもそも、幸運の女神が通ったことを気づけるのかどうか、それは自分次第だ。

ちなみに、私の前に現れた幸運の女神は、
不幸な顔してたのと、幸運の顔をしてたのといろいろでした(笑)

そんな予想外のことが起きる現実と、
何とか折り合いをつけて
夢や目標に向かって進み続けること。
時には回り道をしなければならないかもしれないし、
嵐が通り過ぎるのを、じっと待つしかないこともあるだろう。
誤解を受けてもそれを甘んじて受けるしかない時だってある。
人生は短いとはいえ、それでも数10年ある。
そのうちの数年なんて、大きな問題ではない。

時間軸で考えるとは、成長すること

チャレンジをしても、成功するかもしれないし失敗するかもしれない。
望み通りの結果にならないことだって多々ある。
というか、だいたいうまくいくなんて3つに1つあればいいほうだ。

しかし、行動をすれば経験をする。
チャレンジをすれば成長する。
筋トレをすれば、筋肉の組織は壊れるけど、以前よりも強い筋肉となって再生する。
スジを伸ばしちゃうようなことはダメだけど。。。

人も地域も成長することが大切。
今は望み通りの結果が得られなくても、
人も会社も地域も組織も時間をかけて成長すれば、どんどんと良くなる。
そして、成長している手ごたえがあれば、夢を追い続けられる。
もちろん、自分もみんなも疲弊しないように、現実と折り合いを付けなければならないのではあるが。。。

いいことをすればいい結果が返ってくる。ただし時間がかかる場合あり

今の時代、時間軸で考える力がとても弱くなっている気がする。

そんなことすれば、こうなるのはわかるだろうというようなことをする(またはしない)人が増えている。

モンスターペアレントみたいなことをすれば、行事が中止になるのはわかりきっている
公園で事故が起きたら管理者責任を追及すれば、遊具が撤去のだって、あたりまえだ。
ボランティアでまたまた不幸な事故があったときに、過度な追及をすれば、ボランティアで子供の面倒を見てくれる人なんていなくなる。
会社や学校で文句ばかり言ったり権利ばかり主張すれば、規制するルールだって増える。

それと同じで、いいことをしていけばいい結果が返ってくる。
ただし、時間がかかる場合がある。
そういう時間がかかることを、ことごとくしない人が増えたように思う。
でも大丈夫。
いいことをやっている人はちゃんといい結果が返ってくる。
ちょっと時間がかかる場合があるけど。
でも、人生短いとはいえ、その結果が返ってくるくらいの時間はある。
それに、会社であれば社員さんたちに、
個人であれば子供たちに返ってくるから、だいじょうぶ。

時間軸で考えていこう!

2017.05.15

伊豆市土肥温泉「碧き凪ぎの館 明治館」さんの新しい部屋が楽しい♪

皆さま、2017年5月号のアーティスティックス通信はご覧になりましたでしょうか??

最新のクラウドやホームページなどIT関連の情報や、お客様の紹介、格言など載せているアーティスティックスが発行しているニュースレターになります。
もし、ご覧になりたい方は、スタッフにお申し付けくださいね。断られてもお届けしまします(笑)

その一つのコーナーで、スタッフ紹介があるのですが、スタッフの写真は毎回テーマを決めて写真を撮っています。記載は無かったのですが、今回のテーマは「仕事をしている様子」でした。

みんな、作業しているところや、説明をしているところなど思い思いの写真を撮りましたよ。
ちゃんと仕事しているように見えますか??

が、しかし……

     

1人だけ様子のおかしいのがおります。

     

気持ちよさそうに寝ているように見える……

これは仕事なのか。ただ、サボってるだけなのでは?

で、そんな事する奴は誰なんだ?

    

一体、誰なんだ?

    

そう。私です。加藤です。

サボってる風に見えますが、決してサボっている訳ではありません。
写真撮影をしたお客様の新しい設備を身をもって体験していたんです!!

これ、本当です!!

船のお部屋「湊」がオープンしました。

この写真の現場となったのは、伊豆市土肥にある「碧き凪ぎの宿 明治館」さん。温泉あり、美味しい食事あり、そして目の前が海と三拍子そろった素敵なお宿です。

明治館さんは、お客様の事を第一に考え、 既存の部屋はお客様の要望に合わせてより快適に過ごしやすいように、カップル向けや家族などそれぞれの目的にあわせて楽しめる部屋を提供し、ロビーにバリアフリーのトイレを設置したりと、現在は館内をリニューアルしながら運営されています。(9月ごろにはにはフルリニューアルが完了予定です。)

問題の写真(サボってはないので問題ではない(笑))のお部屋は、2017年4月にリニューアルが完了した「湊」と言うお部屋です。

温かみのあるウッドベースのお部屋に、丸い窓や網のオブジェがあるなど、まるで木で作られた船のに乗ったような気分になります。明治館さんが全部屋オーシャンビューになるので、より海を身近に感じることができます。

ここは家族向けのお部屋になるのですが、子どもたちが絶対に喜ぶ「船型の2段ベッド」もあるんですよ。子どもたちは海の男や海賊になったような気分になりますね。

     

そしてこのお部屋にの窓辺にドーンと構えるのが、Yogiboのクッションが2セット。

    

「これはね、人をダメにするクッションって言われてるんですよ。」と勝呂社長にお聞きしていたので、仕事熱心な私は実際に身をもって試してみました。

仕事大好きでストイックな漢で有名な私(誰も言わないので、自称です)ですので、「自分はダメになるはずがない。」そんな強い意志を持ってクッションに向き合いました。    

その結果・・・

はい。ごめんなさい。完全にダメになりました(笑)

クッションに身を委ねると、どんどんクッションが体に馴染んでいき、自分が一番居心地のよいところで止まってくれるので、無理なく長時間座り続ける。そんなクッションでした。

このクッションに身を委ね、綺麗な海に沈みゆく夕日を眺めながゆっくりと過ごす。そんな休暇を、明治館さんで過ごしてみませんか?

特別な週末が土肥で待ってますよ!!

蒼き凪ぎの館 明治館

住所:〒410-3302 静岡県伊豆市土肥2849−3
電話:0558-98-1011

明治館さんの湊の紹介はこちら

明治館さんの船のお部屋「湊」へのご予約はこちらから

◎2017年4月リニューアルオープン記念プラン◎~船のお部屋・湊(みなと)~貸切露天無料特典つき

カレンダー

«5月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

ブログ内検索

Copyright (C) 株式会社アーティスティックス All Rights Reserved.