ブログ・コラム

IT活用塾

2022.01.18

PanasonicレッツノートLet's Note CF-SZ6を工場出荷状態に初期化する(リカバリー、DtoD)

私の使っている(いた)レッツノートを

工場出荷時の状況に初期化することになった。

こういうのは数年に1回のことなので、

せっかくなので、記録(ブログ)に残しておこうかなと。

 

実は、以前にキーボードが壊れた時に、

交換の状況をブログに残してあるのだけれども、

このブログがめちゃくちゃ閲覧数が多くて、

なおかつ、業績に寄与しないというスバラシイブログでして(笑)

 

今回は(次回があるのかわかりませんが)、

DtoD領域と呼ばれる、リカバリー領域を使った

初期化の方法をやってみます。

 

再起動してBIOS画面を出す

再起動して、Panasonicのロゴが出ているときに、F2キーを押します。

 

すると、BIOS画面が出ます。

BIOS画面ってなんだって?

BIOSとは、Basic Input Output Systemの略。

直訳すると、基本の入出力システム(あっ、システムは英語だwww)

電源入れたときに、一番最初に動くソフトですね。

BIOSが、ハードディスクに入ったWindowsを起動したりします。

 

リカバリー領域を指定して起動する

レッツノートには、リカバリー領域というのがあります。

WindowsのCD/DVDのイメージがそこにあるような感じですね。

リカバリー領域から起動すると、

WindowsのCD/DVDがなくても再インストールできます。

矢印キーで、[終了]タブを選択、

[Recovery Partition]を選択します。

 

すると、リカバリー領域が起動されます。

(うわっ!画面きったねぇwww)

 

リカバリーメニューを選択

[リカバリー]を選択

 

[Disk 0]を選択

 

[工場出荷状態に戻す]を選択

※出てきた通り選択していくだけですね

 

初期化・再インストールが始まります

パーテーションの初期化とWindowsの再インストールが始まります。

ここからはしばらく時間がかかります。

SZ6(SSD256)で、20分程度かな。

 

こんなのが出たり・・・

 

をっ!起動した!

 

終わったのかな?

 

あっ、まだなのね(笑)

 

こんな画面を繰り返しすこと数回。

20分程度待ってください。

ほっておけば終わります。

 

初期化終了

[リカバリー処理が終了しました]と出たら終わり。

シャットダウンしましょう。

 

念のために

念のため確認に起動してみると、こんな画面に。

あぁ、数年前にこんな画面見たかもな~

ということで、工場出荷状態に戻すことができました。

 

初期化は簡単

DtoD領域を使ったリカバリーは、

起動するまでがちょっと面倒ですが、

リカバリーパーテーションからの起動さえできてしまえば

あとは簡単です。

 

しょっちゅうするものではないですが、

必要な時があったら、参考にしてみてください。

 

2018.09.09

レッツノートCF-SZ6のキーボードを交換する

ある朝の出来事

私の愛機、Panasonic Let'sNote CF-SZ6に、突然ログインできなくなった。

あれ?あれれれ????

よーく見ると、キーボードが反応しないキーがある。

そのキーをぐりぐりやって、なんとかログインできたが、これでは使い物にならん。

というわけで、レッツノートのキーボードを交換することにした。

あっ、まったく死ぬ前に、パスワード変更が先ね。

その直後、特定のキーが全く反応しなくなった。

ログインできてよかった。

外付けキーボードで済ますっていう手もあるけど、ノートPCだからそれも不便。

ネットで調べると、3,000円台で交換部品売ってる。

でも、きょうは土曜日。

よりによって、カード決済ができないネットショップだったので、仕方がない代引きで。

送料と代引き料で、5,126円。

高くついたなぁ(泣)

 

物が届いた。

うっすいなぁ。

レッツノートの軽量化の努力が見られる。

 

まずは、バッテリーを外す。

もちろん、AC電源も。

万が一、ショートしたらいやだからね。

 

ネットで調べたら、クレジットカードのようなものでキーボードをはがすって書いてあったので試してみた。

他機種はいいのかもしれないけど、SZ6は隙間が狭くて無理だった。

キーの表面をとりあえずはがしてみた。

専用工具が欲しいが、手元にあるニードルのようなもので何とかする。

はがすキーボードは使い物にならないので、気にせずガンガン行く。

隙間に突っ込んで、無理やりはがす。

はがれ始めた。

上のほうから徐々にね。

上半分がはがれた。

全部はがれた。

一番下には、ケーブルがあるので気を付けて。

こんな感じ。

※きったね~なぁ~(笑)

キーボードを張り付けてあった両面テープをはがす。

と思ったけど、ブチブチ切れちゃうので、あきらめた。

まぁ、私はそういう細かいことを気にしない人なので(笑)

ここで一つ!

問題が発生!!!!

 

老眼で、細かいところが見えない(爆

ダイソーで買った老眼鏡が、初めて役に立つときが来た(笑)

ちなみに、かけたらこんな感じ。

※やっべ~、ヒゲそってね~や。 まぁ、日曜の夜だからね(笑)

古いキーボードのケーブルをはがす。

両面テープで張り付けてあるので、徐々に引っ張ってはがす。

 

はがれた。

 

このプラスチックカバーをはがす。

これは、後で再利用するので、できるだけきれいにはがす。

はがれました。

 

残った両面テープを切る。

 

取れました。

これで、ケーブルのコネクタが見えてきました。

 

基盤のパターンを傷つけないように、コネクタの白い部分を上に押し上げて、外す。

 

ケーブルが抜けました。

これで、古いキーボードの取り外しは終わりです。

 

新しいキーボードを取り付ける

新しいキーボードを取り付ける方法は、基本は、取り外しの逆を行うだけです。

ケーブルをコネクタに刺します。

しかし、ここで問題が。

角度的に、うまく入りません。

 

なので、新しいケーブルを少し曲げます。

少しですよ。

思い切り曲げると、パターンを痛めてしまうかもしれませんので。

 

こんな感じです。

これで何とかコネクタに入れやすくなりました。

ケーブルをさしたら、先ほど押し上げたコネクタの白い部分を戻して固定する。