ブログ・コラム

2021.01.21

ブロックチェーンは分散型で改ざんがほぼできない

ブロックチェーンは、ハッシュ値により、データがたくさん入ったブロックが

チェーンのように連なっているという話しを、きのうしました。

前のブロックのハッシュ値を次のブロックに書き込むため、

1つのブロックを変更しようとすると、その次のハッシュ値が変更され、

そうすると、そのブロックのハッシュ値を求め直さなければならず

さらに次のブロックのハッシュ値が変更され・・・・・

 

これが、末尾まで連なっていくため、書き換えがしにくい構造になっています。

 

企業のシステムは、どこか運営元があり、そこが強い力を持っています。

運営元なので当たり前ですが、その運営元が、やろうと思えば内容を改ざんすることもできます。

そして、世の中の人は、改ざんされたとしても、知ることができません。

 

対して、ブロックチェーンは、分散型の運営がされています。

強い力を持った運営元があるわけではありません。

世界中に、ノードと呼ばれるPCがあります。

それぞれのPCは、それぞれ別の人たちによって運営されています。

パブリック・ブロックチェーンは、誰もがそのブロックチェーンに参加することができます。

前出のように1つのノードの中でも改ざんは非常にしにくい構造になっていますが、

複数のノードがあることで、1台が改ざんされても、他のノードが正しい情報を保持されているので、

改ざんされたことが検知されてしまいます。

それにより、ブロックチェーンは、正しい情報を保持し続けられます。

 

と簡単に書きましたが、実はどうやらそんなに簡単な話しではないらしいのですが。

世の中には頭のいい人たちがいるんですね。

 

ビットコインみたいな強大なブロックチェーンではなく、

もっとコンパクトなブロックチェーンの場合は、ある特殊な状況下を作り出すことで、

いくつかのトラブルの可能性があるようです。

(それは中央集権型のシステムも一緒ですが)

この辺は、私ももっと事例を集めてみます。

2021.01.20

ブロックチェーンってなんだろう?

ブロックチェーン・・・・・

みなさん、ご存知ですか?

聞いたことくらいはあるけど、よくわからない。

ブロックチェーンって、ビットコインのことでしょ?

そんな声が聞こえてきそうです。

 

実は私もそんな感じでした。

ある人に、「ブロックチェーンはビジネスチャンスの宝庫だ。絶対取り組んだほうがいい」

って言われ続け、年末年始に勉強しました。

付け焼刃のような勉強ですが・・・・

きょうも、Schooでブロックチェーンのライブセミナーを見たので、

私なりにブロックチェーンとは何かを説明してみます。

ブロックチェーンは、その名前の通り、データのブロック(塊)が

チェーンのようにつながっているものです。

こんな感じのイメージですかね。

(イラストをExcelで書くの、面倒だったwwww)

そのうちの、前後の2つのブロックを取り出してみると、以下のようになっています。

ブロック20には、いくつものデータ(トランザクションデータ)が入っています。

そのデータを、ある関数(ハッシュ関数といいます)を通すと、固定長の文字(ハッシュ値)に変換されます。

そのハッシュ値の、次のブロック21に埋め込みます。

そのハッシュ値で、前後のブロックがつながっているわけです。

このハッシュ値でつながっているというのが、ブロックチェーンのミソなんですね。

 

ハッシュ関数は

・どんなデータでも突っ込める

・固定長のランダムに見えるハッシュ値を吐き出す。

・同じデータであれば、毎回同じ出力データ

・出力(ハッシュ値)から入力のデータは推測できない(不可逆)

という特徴を持っています。

 

なので、データを改ざんしようとすると、ハッシュ値も変えなければならず、

そうすると、その次のブロックのハッシュ値も変えなければならない。

それが延々と続きます。

 

また、ブロックチェーンは、ノートと呼ばれるブロックチェーンのデータを保持しているサーバーが全世界に分散して動いています。

ビットコインのブロックチェーンであれば、その数約1万。

1ノードを書き換えられたとしても、他のノードのデータは元のままです。

ブロックチェーンは、多数決ですから、

多数のデータが正しく、少数のデータは改ざんされた不正データと判断されます。

それらにより、正しさが保持されるということです(らしいです)

 

勉強になりました。

2021.01.19

私たち中小企業が進むべき道とは?

私たちが今年、または今年から目指すべき道はどこでしょうか?

どこへ向かっていくべきでしょうか?

 

まず真っ先にやることは、目の前のリスクに手を打つこと。

つまり、不況対策でしょう。

 

コロナをきっかけに不況になるという人も多いです。

いや、なんとしても国が支える、そうしなければならないという人もいます。

 

本当に不況が訪れるのかは私には分かりません。

しかし「来るかもしれない」と備えておいたほうが、たとえ予想が外れたとしても困ったことにはなりません。

「不況は来ない」と、ぎりぎりの投資を続けて予想が外れた時には、立ち直れない可能性があります。

予想ができない時代だから、どちらにでも舵が切れる状態にしておくのだ大事と考えています。

 

不況への備えは、まずは潤沢な資金です。

目安は6ヶ月分の経費と言われています。

幸いにして、資金繰りは多くの支援策が出そろっています。

民間・政府系など多くの金融機関をフル活用します。

 

また、不況になると地域一番化が、今まで以上に重要になります。

不況の時は、地域一番天にお客様が集中すると言われています。

厳しいときは、大成功を狙うよりも、失敗を避ける傾向にあるからです。

自社がどの分野で地域一番を狙うのか。

狭い分野でもいい。

「○○○○といったらアーティスティックスだよね」

といわれることですね。

業種、地域、規模、商品などを絞って、地域1番を目指します。

 

あと、不景気でも売れる商品、サービスを作り出していくことも重要。

つまり粗利が上がるかコストが下がる商品の準備も必要です。

私たちIT企業がやりがちなのが、「これやると便利になりますよ」というやつです。

不況になると、便利というだけではお客様には買っていただけない、貢献ができない。

売上アップ、またはコストダウン。

つまり利益を増やすというところにフォーカスした商品開発が私たちにも求められています。

 

不況に強い分野や絶対的成長分野と自社の強みをかけ合わせると何ができるのか。

そういうことを、経営者と社員さん一緒に、自由にアイデア出しをするといいでしょう。

実現の可能性は二の次で「こんなことできたらいいよね!」と、自由な発想で行きましょう。

 

そして、成功事例に学ぶことも重要です。

私たちは芸術家でもなければ研究者でもありません。

今までに世の中になかったものを生み出す必要はありません。

「学ぶ」は「まねる(まねぶ)」からきているとも言います。

まずは良いことをまねること。

どうせまねたとしても、まったく同じにはなりません。

良くも悪くもちゃんとその会社オリジナルになります。

  

不透明で不安の多い時期だからこそ、しっかりとしたビジョン・目標を持つ。

少なくとも、それを見通し、示そうと努力することが、求められるのではないでしょうか?

そのビジョンが、自社の利益だけではなく、社会・業界を変えるような志のあるビジョンを社員さんと一緒に描けると、その会社は強くなるでしょう。

市場があれているときは、小さな会社にとってチャンスです。

 

私たちアーティスティックスは、皆さんのDX推進、WebやITを活用し、○○*ITで何ができるかを一緒に考えます。

ぜひ一度、ディスカッションをしてみませんか?

2021.01.18

2021年はどんな年になるか?

 昨年の出来事で特徴的なことを思い返されるのは、コロナが世の中を大きく変えたことです。

ライフスタイル・勤務形態だけではなく価値観をも変えました。

 

この価値観の変化、これの与えるインパクトは非常に大きい。

価値観が変わったのだから、人の行動も変わります。

たとえ、コロナが収まったとしても、前のようには人は行動しません。

 

新たな価値観に基づいた時代が、どのようなものなのか、私には分かりません。

でも、それを見極めて会社を適応させていくことが必要でしょう。

 

また、デジタル庁の設立に代表される国の施策の転換も大きいです。

国も民間もDXに向けて大きく進んでいきます。

DXやテレワーク、時代の変化によるビジネスモデルの転換など、やっいてる会社とやっていない会社の二極化が進みます。

 

オリンピックの実施は不透明ですが、やってもやらなくても、その先には本格的な不況に突入する可能性を考えておく必要があります。

その可能性を踏まえ、自社の強みを活かした不況に強いビジネスを構築する必要があります。

それらができない会社や倫理観の欠如した会社などは、市場から退場しなければならない年となっていきそうです。

2021.01.17

保護犬の新入りさん来ました

実は、金曜日に、保護犬の新入りさんが来ました。

私たちの家では、保護犬の預かりをしています。

預かりとは、犬を保護して、落ち着かせ、医療をして、家庭犬として慣れさせ、

譲渡するまでの間の預かりをしています。

ずっと同じ子を預かり続ける場合もあるでしょうけど、

私たちの場合は、保護して落ち着かせる段階の子を預かることが多いです。

今回の犬もそう。

先日まで、静岡県の迷い犬に載ってました。

どうなるのかな~って思ってみていたのですが、

あぁ、うちに来るのかと(笑)

猟犬のようにも見えます。

足は、すっごい太い。

声は、ビーグルっぽい。

響く響く(笑)

でっかい腫瘍(5㎝くらい)が垂れ下がっています。

あばら骨が浮いてお腹はコケて、もうガリガリです。

耳は臭いし体から汚れやフケは落ちるし。

年末年始、苦しい思いで何とか命をつないできたんだね。

性格は、穏やかで懐っこい感じ。

おじいちゃんなので動きはゆっくりですが、

体をこちらに寄せてきて、控えめに甘えます。

食欲は旺盛。

モリモリ食べて、太ろうね。

しばらくは、うちにいるみたいだから、仲良くやろうな。

よろしくな、会津2君。

カレンダー

«1月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

ブログ内検索