ブログ・コラム

2021.04.16

クラウド経営フォーラム2013 in 沼津・三島

Facebookの思い出という機能は

地味にありがたいですね。

8年前の今日、

清水町の卸団地の商社センター会議室で

クラウド経営フォーラム2013 in 沼津・三島を

開催した日でした。

私たちにとっては、初めてのビッグイベント。

たしか、170人くらいが参加してくれて、

新聞にも取り上げてもらいました。

開発会社でこんなことをやっている会社は

ほとんどなかった頃なので、

自分たちとしても、大きな自信になりました。

 

開発者がほとんどだった当社社員さんですが、

このイベント運営を通して、

お客様の役に立つということが、

なんとなく肌感覚として分かった。

 

これを機に、会社の在り方が変わった

大きな転機でした。

 

IT業界ができてからリーマンショックまで、

えり好みさえしなければ仕事がないということがない

という時代が続きました。

 

そのため、仕事に対しての不満が

当たり前のように口にされていたような気がする。

 

しかし、リーマンショック後の仕事がなくなった時、

悩みに悩んで、地域のみなさんに直接貢献ができるIT企業に変わる

という方針に大きく舵を切ったのがこの時。

多くの苦労と負担を社員さんに強いることになりました。

たくさんの血を流し、多くの社員さんが去っていきましたが、

その結果、社員さんみんながとても成長をし、

会社としても第二創業に近いくらいの変化をしました。

きょうは、Facebookがその原点を思い出させてくれた朝でした。

これからも、地域と地域企業に貢献ができるIT企業であれるよう

社員ともども、力をつけていきたいです。

2021.04.15

最近市役所に行くことが多いが・・・

年度末~年度初めだから、

最近は、何度も市役所に行く。

思うのが、いつ行ってもみんな忙しそうだな~ということ。

 

こっちも頻繁にいくんだけど、

ということは、役所の人もいろいろ仕事が忙しい時期。

それに加えてコロナ関係でいつもとは違う仕事が。

 

もう少しやりようはあるのかもしれないけど、

そう簡単には変えられない事情もあるのでしょう。

私たち中小企業みたいに、

社長が「変えちゃおう」っていったら変わるわけじゃない。

 

私は役所関係は全然慣れていないので

いろいろと教えてもらいながらやっているけど、

窓口の人はみんなていねいで親切。

少なくとも市役所は。

専門家しか行かない役所(どことは言わないけど)は、

総じて対応が冷たい。

私もいくつか、あまり好きではない役所はあるのだけど、

市役所は、みんな親切なので割と好きです。

 

会社が沼津に復帰して1年。

せっかくだから、地元と一緒にできること、

やっていきたいな~と思っています。

 

そんなわけで、動き出します。

2021.04.14

中小企業家同友会支部総会開催

本日は、私が所属している

静岡県中小企業家同友会の沼津支部の総会でした。

 

昨年は世界的な事情により

開催ができなかった総会。

今年は、ハイブリッドとはいえ、

懇親会ナシとはいえ、

とにかく対面でできたこと、

感慨深い思いで参加していました。

 

頼重沼津市長にも、Zoomでご参加いただき、

ごあいさつをしてもらいました。

 

 

一昨年度で支部長を退任し、

支部では顧問としてサポート側に回り2年目。

 

しかし、ただ成り行きに任せていくのはつまらない。

以前からやりたいと思っていた

有志によるSDGsの勉強会を2月から立ち上げ。

 

有志と言っても、いまのところ運営は私一人。

でも、支部を超えた多くのメンバーに参加してもらい、

とても前向きでよい会として、まずはスタート。

参加者に具体的なプラスとなり、

事業成長のきっかけとなる勉強会にしていきたいです。

出来れば、地元の信用金庫などの連携していきたいと思っています。

協力してくれる人がいたら、ぜひお声かけください。

 

 

また、以前から参加している沼津市中小企業振興会議。

同友会沼津支部の代表として参加していますが、

ここもただ参加するのではなく、

同友会と沼津市や他団体との連携の場として、

積極的に提案していきたいです。

 

起業家支援策はいろいろとあるようですが、

起業後のセカンドステップについては

中小企業家同友会は力を発揮できるのではないかと考えています。

ぜひ、興味のある方はお声かけください。

ディスカッションしたいです。

 

 

それともう1つ。

今期から、経営指針を創る会の委員長を拝命しました。

今年度から、会の名前を変更し、

経営推進委員会としました。

 

経営指針書は同友会員であれば作るのは当然。

で、作って終わりにしてはもったいない。

経営指針書の進捗や、

進めていくうえでの課題を

社内で話し合う相手がいない人も多数いる。

そういう人のために、

経営指針書に基づく経営を、

毎月チェックしあうような会にしたい。

そういう思いから、経営推進委員会としました。

経営指針の推進を仲間でやっていきたい人、

ぜひ参加してみませんか?

 

 

今年度の同友会活動は、

1.SDGs勉強会

2.沼津市中小企業振興会議

3.経営推進委員会

この3つを軸に活動をしていくつもりです。

どれか一つでも、ピンとくるのがあったら、

お声かけください。

2021.04.13

すべての「流動性」を高めよ

きのうは、(ほぼ)毎月参加している西原ゼミ。

今回のテーマは、タイトルの通り。

 

”すべての「流動性」を高めよ”

 

淀んだ水は腐る。

どんなにきれいな水も、完全に密閉すると腐る。

流れる水は腐らないが流れない水は腐る。

流れ(=流動性)が、新鮮な状態を維持するということか。

 

”すべての元凶は「流動性の低さ」にある”

日本における人材の流動性の低さは、目を覆うばかりだ。

企業が人を正社員としていったん雇用したら、

基本的に解雇することはできない。

だから、給料も上がらない。

(安定するというメリットもある)

 

沈滞を変えるには流動性を高めること。

人や企業を元気にするのは、高い流動性。

最大の制約は、解雇規制。

 

流動性が低くなると、社員を引き留めるための企業努力、インセンティブが働かない

熱意のある労働者は、日本6%、アメリカ33%、世界平均15%

日本人は、会社嫌い、愛社精神がない。

平均勤続年数は、アメリカ4年、日本11年。

長く働いているのに、日本人は会社嫌い。

簡単に人を切れるようにすべきという話しではない。

大事なのは、人材のマッチング。

その人とその仕事がマッチングしているかどうか。

マッチングしているところに動いていくこと。

流動性が低いから、マッチングしていない人を、

マッチングしていない仕事に割り当てなければならない。

だから、仕事に熱意も出ないし生産性だって上がらない。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

私は、どんどんを人を解雇すればいいは思っていない。

しかし、多くの人は、しりに火がついてやる気が出る(少なくとも私はそう)

だから、しりに火がつかない(=ぜったいに首にならない)状態で

めちゃめちゃ熱意をもって仕事に取り組める人は少数。

生活のために仕事をしているのはわかっているけど、

その仕事が充実していて、生活費と充実が両立するなら

そのほうがいい。

 

会社だってそう。

もしかするとやめてしまうかもしれないと思うと、

社員さんへの対応の仕方を考える。

あまりぞんざいに扱わない。

 

不安定なことは、

私みたいなしりに火がつかないと動かない人にとっては、

決して悪いことではない。

 

そんなふうに思った西原ゼミ(前半)でした。

2021.04.12

今夜は西原ゼミ

毎月、(ほぼ)欠かさず出席している西原ゼミ。

リカレント教育の場として参加しています。

毎日本を読み、毎日ブログを書いている西原さん。

その見識を分けてもらっています。

今夜も楽しみです。

カレンダー

«4月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ内検索