ブログ・コラム

わんこ・にゃんこ

2021.01.17

保護犬の新入りさん来ました

実は、金曜日に、保護犬の新入りさんが来ました。

私たちの家では、保護犬の預かりをしています。

預かりとは、犬を保護して、落ち着かせ、医療をして、家庭犬として慣れさせ、

譲渡するまでの間の預かりをしています。

ずっと同じ子を預かり続ける場合もあるでしょうけど、

私たちの場合は、保護して落ち着かせる段階の子を預かることが多いです。

今回の犬もそう。

先日まで、静岡県の迷い犬に載ってました。

どうなるのかな~って思ってみていたのですが、

あぁ、うちに来るのかと(笑)

猟犬のようにも見えます。

足は、すっごい太い。

声は、ビーグルっぽい。

響く響く(笑)

でっかい腫瘍(5㎝くらい)が垂れ下がっています。

あばら骨が浮いてお腹はコケて、もうガリガリです。

耳は臭いし体から汚れやフケは落ちるし。

年末年始、苦しい思いで何とか命をつないできたんだね。

性格は、穏やかで懐っこい感じ。

おじいちゃんなので動きはゆっくりですが、

体をこちらに寄せてきて、控えめに甘えます。

食欲は旺盛。

モリモリ食べて、太ろうね。

しばらくは、うちにいるみたいだから、仲良くやろうな。

よろしくな、会津2君。

2021.01.16

保護犬ってなに?

きょうは土曜日なので、個人的なブログです。

ミルカミルカ(フォルクローレ)ネタと合わせて

もう1つの私個人のネタというと、保護犬のことです。

 

保護犬というのは、何らかの理由で保護された犬です。

そのままですね♪

もしかして(ちょっと違いますが)迷い犬、捨て犬といったほうが、イメージしやすいかもしれません。

 

迷い犬、捨て犬は、役所や警察を経て、保健所に一時的に捕獲されます。

原則、ここで7日間預かり、飼い主が判明(名乗りを上げる)まで待ちます。

見つからない場合、殺処分(安楽死ではない)されるのが迷い犬、捨て犬の運命。

 

殺処分になる前に、希望者(その多くは、ボランティア団体)が引き出し、

保護して、里親を探します。

そういう犬を保護犬といいます。

殺処分になる前に保護されるから、保護犬。

 

保健所から引き出して(譲渡)保護される以外にも、いくつかのパターンがあります。

たとえば、悪徳繁殖業者からです。

悪徳繁殖業者・・・仰々(ぎょうぎょう)しい言い方ですよね。

一般的にはブリーダーというのかもしれませんが、

私は、悪徳繁殖業者のことをブリーダーというのには抵抗があります。

ブリーダーというのは、もっとちゃんと犬のことを考えている人たち。

本当はパピーミル(子犬工場)といって、ブリーダーと区分しているらしいですが、

あまり日本ではこの呼び方は普及していないかも?ですね。

 

悪徳繁殖業者は、年老いて出産数が減ってきた犬などを廃棄することがあります。

また、廃業するときに、まとめて犬を廃棄します。

そういうところから、ボランティア団体が引き取り、

保護犬として譲渡されることもあります。

 

何らかの理由で、犬が飼えなくなり、

ボランティア団体が里親探しに協力・代行するという形で、

保護犬として里子に出されることもあります。

 

ほかにもあるかと思いますが、主にはこの辺でしょうか。

私は、以前にホァンホァンという犬を飼っていました。

ホァンホァンは、元保護犬です。

残念ながら、私の元では3年3ヶ月しか過ごせなかったのですが、

私も、ホァンホァンにとっても、幸せな3年3ヶ月だっただろうと信じています。

 

それ以来、犬の保護活動のお手伝いをするようになりました。

ボランティアとしてがっつり保護活動している人たちに比べて、

ほんのちょっとのお手伝いなのですが、

お手伝いできる人がたくさんいたら、きっと不幸な犬が減るでしょう。

そして、もし犬を飼う人がいたら、保護犬を選択肢の1つに入れてみてください。

2018.02.05

食べた!

シャンシャーン
ご飯だよ〜
。。。。。。
じぃーーーーーっ
をっ‼︎食べた!
えらいぞ!シャンシャン!

2018.02.04

来たっ!シャンシャン!

来たっ!
ん?
んん??
をっ???

見えません(笑)

いつ、顔を見せてくれるかな。シャンシャン♪

2017.07.01

はな2ちゃん〜その後2


8月末頃からの滞在してたはなちゃん。残暑で、ハァハァしてたね。

これから秋だけど…? 夏毛もまだ残ってて、ブラッシングで涼しく。

今のとみちゃんほどではないが、冬毛の収穫は面白かった。

だって、ブラッシング中のはなちゃんは、いい子だったもん。


★ハァハァ対策で、活躍したのが、ペット用保冷クッション。
サイズ 35cm×50cm(内枠23cm×33cm)

15年も前の物ですが、
専用保冷剤を入れて、水色面はクッション厚めで弱冷。
青色面は、クッション薄めで強冷で、使い分け。

内枠のミシン線内が保冷剤入る所です。


★内枠サイズの専用保冷がなくなったので、家にあった大き目の保冷剤で代用。
2〜3個入れて、1日2回やってました。
昼頃〜午後のピーク時に入れ替えて涼しくしてました。
保冷剤が汗をかくので、薄手のタオルも間に入れてました。


クッションはファスナーがあります。
写っているのは、現在預かりの天丼ちゃん(カニンヘンダックス)です。
『こんな感じでちゅかうんでちゅよ』と自らモデルになった。


★家にいた妹の犬の為に買ったけど、乗らなかったんですよ。
で、私が暑くて寝苦しい時に使ったりして。最高です。(笑)

はなちゃんは抵抗もなく、使ってくれてよかったです。
妹が買ったものだから、値段も売ってる場所もわからないけど、今も売ってるかしら?


ひんやりジェルマットもあったけど、はなちゃんの場合、保冷剤タイプの方が、効果ありました。

 

カレンダー

«1月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

ブログ内検索