ブログ・コラム

弊社の事業活動

2021.01.21

ブロックチェーンは分散型で改ざんがほぼできない

ブロックチェーンは、ハッシュ値により、データがたくさん入ったブロックが

チェーンのように連なっているという話しを、きのうしました。

前のブロックのハッシュ値を次のブロックに書き込むため、

1つのブロックを変更しようとすると、その次のハッシュ値が変更され、

そうすると、そのブロックのハッシュ値を求め直さなければならず

さらに次のブロックのハッシュ値が変更され・・・・・

 

これが、末尾まで連なっていくため、書き換えがしにくい構造になっています。

 

企業のシステムは、どこか運営元があり、そこが強い力を持っています。

運営元なので当たり前ですが、その運営元が、やろうと思えば内容を改ざんすることもできます。

そして、世の中の人は、改ざんされたとしても、知ることができません。

 

対して、ブロックチェーンは、分散型の運営がされています。

強い力を持った運営元があるわけではありません。

世界中に、ノードと呼ばれるPCがあります。

それぞれのPCは、それぞれ別の人たちによって運営されています。

パブリック・ブロックチェーンは、誰もがそのブロックチェーンに参加することができます。

前出のように1つのノードの中でも改ざんは非常にしにくい構造になっていますが、

複数のノードがあることで、1台が改ざんされても、他のノードが正しい情報を保持されているので、

改ざんされたことが検知されてしまいます。

それにより、ブロックチェーンは、正しい情報を保持し続けられます。

 

と簡単に書きましたが、実はどうやらそんなに簡単な話しではないらしいのですが。

世の中には頭のいい人たちがいるんですね。

 

ビットコインみたいな強大なブロックチェーンではなく、

もっとコンパクトなブロックチェーンの場合は、ある特殊な状況下を作り出すことで、

いくつかのトラブルの可能性があるようです。

(それは中央集権型のシステムも一緒ですが)

この辺は、私ももっと事例を集めてみます。

2021.01.20

ブロックチェーンってなんだろう?

ブロックチェーン・・・・・

みなさん、ご存知ですか?

聞いたことくらいはあるけど、よくわからない。

ブロックチェーンって、ビットコインのことでしょ?

そんな声が聞こえてきそうです。

 

実は私もそんな感じでした。

ある人に、「ブロックチェーンはビジネスチャンスの宝庫だ。絶対取り組んだほうがいい」

って言われ続け、年末年始に勉強しました。

付け焼刃のような勉強ですが・・・・

きょうも、Schooでブロックチェーンのライブセミナーを見たので、

私なりにブロックチェーンとは何かを説明してみます。

ブロックチェーンは、その名前の通り、データのブロック(塊)が

チェーンのようにつながっているものです。

こんな感じのイメージですかね。

(イラストをExcelで書くの、面倒だったwwww)

そのうちの、前後の2つのブロックを取り出してみると、以下のようになっています。

ブロック20には、いくつものデータ(トランザクションデータ)が入っています。

そのデータを、ある関数(ハッシュ関数といいます)を通すと、固定長の文字(ハッシュ値)に変換されます。

そのハッシュ値の、次のブロック21に埋め込みます。

そのハッシュ値で、前後のブロックがつながっているわけです。

このハッシュ値でつながっているというのが、ブロックチェーンのミソなんですね。

 

ハッシュ関数は

・どんなデータでも突っ込める

・固定長のランダムに見えるハッシュ値を吐き出す。

・同じデータであれば、毎回同じ出力データ

・出力(ハッシュ値)から入力のデータは推測できない(不可逆)

という特徴を持っています。

 

なので、データを改ざんしようとすると、ハッシュ値も変えなければならず、

そうすると、その次のブロックのハッシュ値も変えなければならない。

それが延々と続きます。

 

また、ブロックチェーンは、ノートと呼ばれるブロックチェーンのデータを保持しているサーバーが全世界に分散して動いています。

ビットコインのブロックチェーンであれば、その数約1万。

1ノードを書き換えられたとしても、他のノードのデータは元のままです。

ブロックチェーンは、多数決ですから、

多数のデータが正しく、少数のデータは改ざんされた不正データと判断されます。

それらにより、正しさが保持されるということです(らしいです)

 

勉強になりました。

2021.01.14

今やるべきなのか?SDGsと企業の取組みについて

きのうに引き続き、SDGsについて思うところをつらつらと書いてみます。

 

SDGsは、すべての国、すべての人々、すべての部分を改善するため、

誰一人取り残さないことを原則としています。

MDGsは、特定地域(主として発展途上国)の緊急課題を解決するために、先進国が協力するスタンスでした。

SDGsは、地球全体の課題を解決するために、全世界が協力するという位置づけです。

私たちの社会が抱えている問題というのは、地域の問題にとどまりません。

難しい課題の多くは、地球規模で密接に関係していて、地域だけでは解決できないほどに大きくなってきているということです。

だからこそ、SDGsが提唱されたのだろうと、私は理解しています。

 

これは、企業も例外ではありません。

これらの課題は、国や自治体だけに任せておいて解決できるレベルを超えています。

すべての国民や企業も、SDGsで掲げた目標の達成に協力する必要があります。

そのために企業は、自社の事業活動の中に、SDGsを組み込んでいくことが求められます。

いまはまだ、そこまで認知が広まっていないため、

SDGsに取り組まなくても、なにか大きなマイナスとなることはないでしょう。

 

しかし、近い将来、必要となります。

それであれば、先取りしている先進的な取り組みの企業として、

地域をリードする会社になるほうがよくないですか?

 

そういう会社には、志の高いスタッフも集まります。

企業は人なり。

この考えに、多くの人が賛同してくれるでしょう。

SDGsにしっかり取り組む先進的な企業には、良い人材が集まるのであれば、

これはすでに会社づくりでもあり企業経営そのものです。

 

また、そういう人の周りには、同じような感度の高い人たちが集まります。

私たちは大企業ではないので、多くの人に指示さる必要はありません。

少数でもいいので、強力な仲間ができたほうが、商売はうまくいきます。

みなさんの会社は、経営理念やビジョン、経営計画、経営方針などの経営指針を立てているでしょう。

書面になっていなかったとしても、経営者の頭の中にはあるはずです。

これらに組み込んで、全社的に取り組むことが、会社そのものをよくするとともに

社会を浴することにもつながります。

SDGsは、企業経営そのものです。

ぜひ、経営指針書に、SDGsを組み込んでみませんか?

私も手探りしながらですが、一緒に取り組んでみませんか?

2021.01.07

変化か死か

本日は、社内の新しい取り組みについて、社内でディスカッションをしました。
その道のプロに話しを聞き、自社の変化の可能性について探っています。
プロの話しはとてもおもしろい。
自分一人ではわからないことを教えてもらえます。
 
昨年の秋ごろに、ある人から聞いた話しが私は忘れられません。
それはこんな話しでした。
「企業支援をしている人たちが言っていた。
 国の方針がここにきて変わった。
 いままでは、資金を湯水のように投入して、企業がつぶれないように支えた。
 これからは、強い会社、これからの状況に適応して変化する会社は支えるが、
 変化しようとしない会社、力を付けようとしない会社は市場から退場してもらう。
 そして、足りなくなったところには、起業を促進していく。
 そのように、今後の国の方針が変わった。」
というです。
 
この話しを聞いた時、本当に怖いなーと感じました。
新しい時代に適応するために変化するのか、それとも死を待つのか、
突きつけられたような気がしました。
 
もちろん、私たちも市場に残っていきたいです。
また、私たちの周りの企業にも残ってもらいたい。
そのために、役だてられる私たちになっていきたいです。
そうすれば、結果的に私たち会社も、適応して残ることができますもんね!

2021.01.06

DXは新たな市場と顧客の創造:私が中小企業のDXを推進する理由(2)

きょうから本格的に新年の業務が始まりました。
私は、きのうから出社していますが。
ということで、少し仕事モードのことを書いてみます。
 
きのうは、私が中小企業のDXを推進する理由(1)として、労働人口減少と、総労働時間減少のダブルパンチにより、人時生産性の向上は急務という話しをしました。
 
もう1つ、私が中小企業のDXを推進する理由は、新たな市場と顧客の創造にあります。
 
DXは単なるIT化ではありません。
ITを活用することで、新たな顧客価値を作り出します。
いままでになかった、顧客にとっての新たな価値を生み出せば、いままで手が届かなかった市場にリーチすることができます。
または、いままで世の中になかった市場を作り出すことになるかもしれません。
それはすなわち、新たな顧客と仕事を創出することにほかなりません。
 
 
みんなご存知プリントパック。
これにやられてしまった地域の印刷会社は多いでしょう。
また、活用している人たちも、これまた多いでしょう。
 
プリントパックがいいかどうかは置いといて、ここはDXで新たな市場と顧客を作り出しました。
単に、Webを使って全国から印刷の仕事を集めたというだけではありません。
原稿の入稿は人の手を介さずWebからできます。
その原稿は、印刷にすぐに回ります。
印刷機の空き状況に合わせて、提示する金額を変更し、印刷機が遊ばないように仕事の薄いところを埋めていきます。
これらにより、顧客は、いつでも印刷の発注が可能です。
平日の昼間、印刷会社の営業担当者に電話することもなく、来社してもらうのを待つ必要もありません。
このような企業が地域になかったため、そこに新たな市場を作り出したと言えるでしょう。
 
 
また、ある会社電子基板開発会社は、ノイズ対策の情報を集めたポータルサイトを立ち上げています。
電気回路・基板設計開発者を対象に、その人たちの共通の悩みであるノイズ対策の知識・ノウハウをたくさん掲載しています。
その情報を見て役立てている開発者は、有益な情報が欲しいのでメルマガ登録します。
ノイズ対策のポータルサイトには、マーケティング・オートメーション(MA)が組み込まれているため、メルマガ登録した人が繰り返しWebを見たり、メルマガの記事をクリックして閲覧していることが分かるため、その行動に基づいて見込度をスコアリング(点数評価)します。
見込度の高い訪問者には、インサイドセールスが連絡して、ニーズや業務の状況をヒアリングし、営業担当者にその情報をトスします。
営業担当者は、見込度の高い案件への提案・クロージングに注力することができます。
 
このように、DX推進することにより、新たな顧客価値を提供することで、今まで手が届かなかった顧客へとリーチできることが、DX推進していく大きな理由の1つです。
 
 
ちなみに、中小企業のDX推進について近々セミナーを開催します。
地方の中小企業のDX推進は、大企業のそれとは違います。
進め方が重要です。
そんな話しをしますので、興味あるみなさんはぜひご参加ください。
1月14日(木)開催 中小企業のDX(デジタルトランスフォーメーション:IT化)はどう進めたらいいのか?

カレンダー

«1月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

ブログ内検索