ブログ・コラム

人との縁

2018.04.24

サバーソニック&アジロックフェスティバル2018を楽しもう!!

サバーソニック&アジロックフェスティバル2018ってご存知ですか??
Facebookでは少しは見たって方もいらっしゃると思うのですが。。。

まず、結論から言いますね。

6/2は伊東市のなぎさ公園に行って、サバーソニック&アジロックフェスティバル2018、通称サバソニを楽しもう!!

そもそもサバソニってなんなの?

伊東市で漁獲高のある「鯖」をアピールしたいと、魚を愛する男たちが昨年立ち上げたイベント。サマーソニ〇クとか、フジロックフェステ〇バルとか言った音楽のフェスを連想させるような名前ですよね。
まあ正直言えば、それらのイベントをオマージュした名前が真っ先に思いつき、「鯖、鯵、ダジャレ」で本気にバカやって伊豆を盛り上げようとしてます。

今年は伊東市だけでなく、伊豆半島、さらにはその他の地域まで勢力を拡大中です。毎日、Facebookを中心にサバサバサバサバ言っています。

では、サバソニを楽しむ3つのポイントを紹介しましょう。

6月2日 伊東市のなぎさ公園に行く

6/2はなぎさ公園 を中心に面白いイベントが盛りだくさん。

主役の「鯖」と「鯵」の他、東伊豆から金目鯛、西伊豆からしおかつおと伊豆半島の美味しい物が食べれます。干物だけじゃなくて、鯖メンチや鯖バーガー、鯵ラーメンなど、いろんな味のサバやアジ、お魚料理が楽しめます。ビールやかき氷もあるので、鯵を食べては、ビールを飲んで、甘いものでお口直しして、鯖食べて。決して飽きることはないですね。

おいしいグルメはもちろんなんですが、6月2日のサバソニはすごいですよ。
本家を彷彿とさせるステージイベントでは築地で働くラッパーさんの参加が決定。その他、海鮮プロレスやたくさんの自転車メーカーが集う試乗会を行うなど、たくさんのアクティビティがあり、大人も子供も楽しめる、一日中盛りだくさんのイベントになります。

伊東市だけじゃない、サバソニウィークで各店舗で楽しむ

6/2の前後1週間、5/27~6/9を目安にサバソニウィークを開催しています。

サバソニウィークとは、6/2の渚公園には参加しないけど、自分のお店や会社で一緒にサバソニを盛り上げてくれます。

例えば飲食店なら鯖や鯵を使った料理をこの期間に出してくれたりします。
飲食店以外でも化粧品屋さんが「サバ読みメイク」やりますとか、鯖にちなんで「380円や3,800円」で商品を提供するとか、「サバサバした態度かアジ気ない接客をします。」なんて訳わからないものまで、ダジャレでいろんなサービスを提供しますよ。是非ホームページを見て、お近くの参加店舗に行ってみてください。

弊社のお客様も参加してくれています。

  • ひもの屋沼津ふなと様 ひもの職人が作ったおいしいトロさば熟成味噌漬け 2切入り 1P 500円(税別)より
  • ムロフシ様 イベント出店。鯵が麺に練りこまれている、鯵ラーメンの物品販売です。鯛のだしスープが美味しい。
  • 四季の里まきば様 サバソニウィーク中、1日1組限定で3,800円のお泊りプラン。超お得。伊豆半島のウエストコーストからイーストコーストまで楽しんじゃいましょう。
  • 盛田屋様 コシの強さ魅力のところてん2人用 450円→380円で提供。お塩も美味しいよ。
  • 中村聡介行政書士事務所様 いろんな相談カレイにサバきます。まずはご相談をお待ちしております。
  • まるも茶店様 伊東市では有名な「ぐり茶」を100g500円→100g380円で販売。これはお得。
  • 自然療法サロン ミモザ様 伊豆市土肥の白びわの葉っぱを使った「びわの葉蒸し」で美しくなろう。
  • ムラケンはりきゅう整骨院様 「鯖折り整体」はじめました(笑)。鯖折りせずに、身体の痛みを解消。5/8にはパーソナルトレーニングジムをオープン。

などなど、これからも増える予定です。是非、ご利用ください。

サバソニフラッグを集めよう!!

サバソニウィーク中、各店舗より商品を提供してくれる時に、「サバソニフラッグ」なるものが一緒に提供されます。
サバソニフラッグとはお子様ランチのようなものです。基本は黒色のロゴマークなのですが、カラーバリエーションがあります。
黒以外はレアないろなので、せっかくなので大事にもらって、Facebookやインスタグラムに投稿してくださいね。

このサバソニフラッグを3枚集めて、6/2のサバソニに行けば、先着380名に記念品がもらえますよ。

そしてそして、このサバソニフラッグの制作もお客様にご協力いただきました。沼津にあるNPO法人ティンクルの皆様に丁寧に制作いただきました。細かい作業ですが、一つ一つ丁寧に作業してくださる姿に感動いたしました。

とにかくサバソニを楽しむべし。

サバソニTシャツを着るアーティスティックスメンバー

サバソニTシャツはゲットしました??

このサバソニのイベントの原資ってTシャツの販売にかかっているんです(笑)。お陰様でたくさんの人にご協力いただいております。

弊社の誇る、ぽっちゃりモデルでもバッチリ、オシャレに着れるサバソニTシャツ。

みなさんもこれを着て、6/2のイベントに、そして各店舗に出かけよう。

みんなで、マジメにバカやりましょう!!そして、サバソニ楽しんじゃいましょう!!

サバーソニック&アジロックフェスティバル2018 公式ホームページはこちら

サバーソニック&アジロックフェスティバル2018 Facebookページはこちら

アジスティックス 誕生

2018年5月27日~6月9日のサバソニウィーク期間中、アーティスティックスは社名をアジスティックスに変更し、ロゴマークなど変更してイベントを楽しみました。
だからなんだって感じですけど、それなりに電話取材があったりして、楽しめましたよ。

そして、5月に発行したアーティスティックス通信も「アジスティックス通信」として、サバソニ応援号としてお役立ち情報をお届けしました。

是非ご覧くださいね。

アジスティックス通信はこちら

2017.11.17

弊社ホームページ制作の強い味方「タケチカメラ」の武智一雄さん

伊東市の駅前で三代続くカメラマン一家のタケチカメラさん。伊豆を中心に活動されています。担当の武智一雄さんがドットツリー修善寺で我々と一緒に入居したことと伊豆食べる通信のプロジェクトがスタートしたきっかけで、弊社で制作するホームページの写真撮影を担当いただいています。
私、加藤は伊豆食べる通信やその他のプロジェクトで武智さんと一緒にいる時間が多く、「デキているんじゃないか?」とか「職権乱用して、オフショットを撮っている」とのうわさがあるとかないとか(笑)

武智さんと出会ってから、写真が持つ影響力や魅力を感じれるようになり、ホームページにおける写真の重要性も語れるようになりました。実際にホームページやSNS、チラシひとつとっても写真が良いと、読んでくれる人や手に取ってくれる人が増えるんですよね。

某観光列車のポスターなど武智さんが撮影された写真を見る機会も多いのですが、官公庁よりフォトコンテストの審査員長を依頼されたり、写真を通じたコミュニケーションセミナーを行ったり、今年の8月には伊東で「サバーソニック&アジロックフェスティバル」と言うイベントを開催されたりと、カメラマンの枠を超えて多岐にわたり大活躍中です。

お客様と一緒に良いものを残せれば、最高です!!!

「お客様と一緒に良いものを残せれば、最高です!!!」この姿勢が武智さんの最大の魅力ですね。

写真の出来栄えはもちろんですが、写真撮影そのものが特別な体験、楽しい思い出にしてくれる素敵なカメラマンなんです。現場は本当に楽しいですよ。

写真のことなら、タケチカメラさんへ!!もれなく、で弊社加藤がアシスタントついていきます(笑)

店舗情報

タケチカメラ
住所:静岡県伊東市猪戸1-5-35 or 静岡県伊豆市修善寺75J
電話:090-7004-6782

タケチカメラさんと作ったホームページ

土肥温泉の「明治館」さん。ご利用シーンやお客様別に写真撮影いたしました。

碧き凪ぎの宿 明治館さんのホームページ

西伊豆を代表する観光スポットの土肥金山さん。子どもや家族が楽しんでる姿を表現しました。

土肥金山さんのホームページ

工場がフォトジェニックな水谷石材さん。巨大なカッターや石を相手に働く姿がかっこいい。

水谷石材さんのホームページ

2017.03.29

富士山十里木温泉水"はぐくみず"始めました。

アーティスティックスは、富士山十里木温泉水"はぐくみず"の販売プロジェクトに参加する事になりました。

"はぐくみず"は標高約1000m、富士山の中腹にある裾野市十里木から生まれました。

十里木は別荘地であり、近くには富士サファリパークやこどもの国と言った施設があります。冬には雪が積もることもよくあります。

別荘地である十里木南富士には「アシタカツツジ」と言う、ここでしか咲いてない固有の「ツツジ」が咲いています。5月にはアシタカツツジの群生地を見学できるフェスティバルもありますので、十里木南富士のホームページをご覧ください。

はぐくみずは、標高1000mの地から、約1500m掘られた所から採水しています。1000mから1500m掘るのですから、海面より500mも下から汲み上げられた温泉水になります。

まさに、富士山に育まれた水なんです。

はぐくみずの特徴は?

まろやかで美味しい、はぐくみず。ただの水ではない、3つの特徴があります。

シリカ(ケイ素)を多く含んでいます。

シリカ(ケイ素)は人の細胞にもある元素で、爪や骨、臓器などを作るときにシリカ(ケイ素)が組織を結び合せるのに活躍するとの事です。

人の体内では作る事が出来ない元素なので、外部から体に取り入れることが大切です。これから成長するこどもにとって、はぐくみずは最適のお水と言えそうですね。

やわらかい軟水です。

はぐくみずは硬度15.8mg/Lの超軟水。日本のお水のほとんどは軟水らしいです。
ですので、口当たりまろやかでからだに優しい日本人好みの美味しさなのです。

 ミネラルが豊富です。

はぐくみずは「天然温泉水」です。
温泉水って、ご存知ですか?
温泉水は地中から湧き出る水のことで、ミネラル成分が非常に多く含まれています。

はぐくみずは富士山の降雪が何万年の時を経て地中深くに浸透した天然ミネラル成分たっぷりの美味しいお水。ミネラル含有量もトップクラスのお水になるとのことです。

4/8 裾野さくらマルシェに出店します。

どうですか?はぐくみず。
ちょと気になってきませんか??
一度飲んでみたいなーなんて思った方もいらっしゃるとうれしいのですが、そんな方に朗報です。

2017年4月8日(土) 裾野市文化センターで行われる「さくらマルシェ」に出店します。

はぐくみずプロジェクトとして、試飲会と販売を行います。57番ブースで、はぐくみずカラーの水色と白のかわいいのぼりが目印です。

はぐくみず以外ではハンドメイドやフードエリアなど60くらい出店しています。桜並木の下、花見しながらいろんなブースを楽しめます。
是非遊びに来てください。

第1回 sosonoさくらマルシェ

裾野市民文化センター黄瀬川沿いにある桜並木と富士山の景観で、素敵なクラフト、ワークショップを楽しみませんか!裾野市の桜標準木の発表とすそのんのお友達と撮影パレード、芝生の上でゆらりヨガ、琴や尺八の音色のも楽しめる盛りだくさんの「susonoさくらマルシェ」です!

日時:2017年4月8日(土)10:00~15:00
場所:裾野市文化センター 桜並木
静岡県裾野市石脇586
駐車場:400台完備
出店ブース:クラフト、フード、ワークショップ、イベントなど約60店舗が出店

詳しくは下記リンク先をご覧ください。

susonoさくらマルシェ フェイスブックページ

やさい食堂楽風さん 新着情報(チラシが見れます)

はぐくみずってどこで購入できるの??

現在はぐくみずは販売体制の準備中です。仮のページにはなりますが、はぐくみずのホームページをご覧ください。

今後、インターネットでの販売及び店舗での販売を予定していますし、4月8日のさくらマルシェでは、販売の受け付けをいたします。

今後、ホームページやFBなどで、新着情報を随時発信して参ります。

皆様、富士山に育まれ、赤ちゃんから、妊婦さん、おじいちゃんおばあちゃんまで家族の元気をはぐくむ水はぐくみずの応援よろしくお願いいたします。

富士山十里木温泉はぐくみずのホームページ

富士山十里木温泉はぐくみずのフェイスブックページ

2017.03.29

伊豆食べる通信が2年目突入です。

アーティスティックスが編集スタッフとしてお手伝いをしている、食材付き定期購読の季刊祇 として発行している「伊豆食べる通信」ですが、2016年4月創刊から始まり春・夏・秋・冬と皆様の多大なご協力のおかげ様で1周することができました。

  • 2016年4月 しおかつお
  • 2016年7月 天草
  • 2016年10月 山葵
  • 2017年1月 いちご
この1年間、生産者、購読者やいろいろな方に支えられ、編集スタッフ一同楽しんで伊豆食べる通信の制作に取り組んでいます。
そして2年目は東伊豆で「稲取キンメ」としてブランドになっている「金目鯛」を特集します。初めての東海岸での特集でした。4月中旬以降に、最高の金目鯛をお届けできそうです。稲取漁港の皆様、本当にありがとうございます。
そんな伊豆食べる通信ですが、回を重ねるごとに楽しくなってきています。出版までいろんな調整があり苦労することはありますが、それも含めて楽しいです。
伊豆食べる通信の醍醐味を2点ご紹介します。

何と言っても美味しい食材が伊豆には多い

県外から伊豆に来た私は特に感じるのですが、伊豆半島は本当に豊かだと言う事です。

海、山、川、湧き水、温泉そして、温暖な気候。様々な食材に出会える土台があります。
天城山を始め火山活動から作られた豊な山々が美味しい湧き水を育み、豊な栄養を川が日本一深い駿河湾などの海へ運びます。そして海には海藻が茂り、魚が集まります。

ほんと奇跡的とも言っていいほど、恵まれていますよね。

そんな伊豆半島だからこそ、美味しい食材がたくさんあります。今までご紹介してきた、食材達もどれも美味しかったですね。

生産者さん達との距離が近い

伊豆食べる通信はプロのカメラマンはいますが、プロのライターはいません。
しかも、使われている写真は全てがプロのカメラマンが撮った写真ではありません。

では、写真や記事はどうして作っているのか?

伊豆食べる通信では、取材をプロのカメラマンである、タケチカメラの武智さんを講師として、一般参加型のフォトワークショップを開催しているのです。

カメラの愛好家や、食べ物に興味がある方、地元の方など様々な方がご参加頂いてます。

参加の皆様には料理写真や風景写真など、撮影のコツをアドバイスする事もありますが、あらかじめ「こんな絵が欲しい」と伝えてますので自由に楽しくワークショップに取り組んで頂いてます。

そしてフォトワークショップのもう一つの楽しみは生産者さん達との交流です。

特集の食材を囲んで、生産者と楽しく食事する事もあります。次号の稲取でもまさにそんな感じで、漁師さんたちが作ってくれた料理が最高でしたよ。
仕事モードから離れた感じで、新たな生産者さんの一面も覗くことも出来て、参加者のみなさんも喜んでいただけました。

伊豆の生産者の皆様への応援よろしくお願いします。

7月号のワークショップは5月に開催予定です。フェイスブックやホームページで情報発信するので、奮ってご参加ください。
伊豆食べる通信を通じて生産者の皆様への応援よろしくお願いいたします。

伊豆食べる通信のホームページはこちら

伊豆食べる通信のフェイスブックページはこちら