ブログ・コラム

日々の雑感

2022.07.01

リコー通り商店街に、花が増えてきました

最近、私たちアーティスティックスの

Head Office(本社ね)の

ぬましんCOMPASSがある

リコー通り商店街に

花が増えてきました。

 

じわじわと。

少しずつ。

皆さんの手で。

 

いいですね。

商店街の皆さんがそれぞれ、

商店街の環境を整える。

 

できる人が

できることを

できる範囲で

それぞれがやる。

 

そういうのがいいですね。

 

イトーヨーカドーが無くなったとはいえ、

朝晩の通勤時間は、

それなりに通過する人がいる。

 

その人たちが、

花が目に留まって、

ふと立ち止まってくれたらいいなと思います。

 

2022.06.28

評価が高い人、低い人と自分の機嫌

どなたの書き込みだったか、

評価が高い人、低い人について

述べた投稿を見ました。

 

為末さんだったような気がしていたけど、

見つからないので、ほかの人だったかもしれません。

出典はっきりしなくて、ごめんなさい。

 

その内容は、確か、こんな感じでした(メモが残ってた)

~~~~~~~~~~~

「評価が高い人というのは

上司や社長にどれだけ安心を与えた度合い」

だということをよくいっていました。

「一をいっても十が分かり、行動する人」

は評価が高いですが、

「十をいっても一しか理解しないし、行動しない人」

は当然評価が低い。

 

と同時に、

「明るく、元気に、前向き」

に考えられる人は評価が高いですが、

「暗く、後ろ向きで、愚痴が多い」

人は評価が低いのはいうまでもありません。

 

今までの経験でいうと、

評価が低い人ほど

「自分は他人より、やってるつもり!」

と思いこんでいる人が

不思議と多いように感じます。

~~~~~~~~~~~

 

このような内容でした。

このことは、私はとても大切なことだと思っています。

 

やることさえやれば、それでいい。

機嫌がいいとか悪いとか、

そんなことは関係ない、

という人もいるかもしれません。

その考えは否定しませんが、

私や私たちアーティスティックスでは

それはNGです。

 

アーティスティックスの経営指針には、

『機嫌よくすることは自分の義務』

と明記してあります。

経営指針発表会などでも、

繰り返し、皆さんにお伝えをしています。

 

仕事をするうえで、

良好な人間関係を作ることは

とても大切と考えています。

 

それは、

・お互いに気持ちよく仕事ができる

・仕事(会社)が楽しくなり好きになる

・社員さんが定着し、社内ノウハウも蓄積される

・パフォーマンスが良くなり、成果や労働生産性が高まる

・結果として利益が増大し、みんなにも還元され、職場の環境も向上する

からです。

 

機嫌というのは気持ちの問題ではない。

表情だったり、

声のトーンだったり、

椅子を乱暴に引く所作だったり、

溜息だったり、

視線だったり、

いろんな『行動』から

みんなが感じ取ります。

 

社員さんからは、

『朝あいさつして、7秒で

きょう機嫌が悪いかどうかわかる』

と言われる私です。

自分への戒めとしていきます。

 

追記:出典は、村田ボーリング技研の村田社長のブログでした

2022.06.25

創業の苦労、跡継ぎの苦労

きのう、村田ボーリングの村田社長の話しを聞いた。

ほんと立派な会社の

立派な経営者の村田社長だが、

それまでは、ほんと苦労の連続だったようだ。

話しを聞いていて、身につまされる思い。

 

私は1994年に、

有限会社アーティスティックスを創業した。

社長にはなったけど、

社員ゼロ、顧客ゼロ

からのスタートだった。

 

そのあと、経営者仲間ができたけど、

その多くは、2代目3代目でした。

社員もいて、取引先も

もちろん、売り上げもちゃんとある。

『うらやまし~な~』

というのが、正直な気持ちだった。

 

何年かして社員も取引先も

少しずつできてきた。

紆余曲折はあったが、

自分の社長の器の成長に合わせて、

会社も成長してきた。

 

あんなにうらやましいと思っていた、

先代から会社を引き継いだ

2代目経営者のみんなは、

いろんな苦労があったようだ。

 

私は創業でよかったな~と

思うようになった。

 

創業は創業の、

2代目は2代目の苦労がある。

しかし、それぞれのやりがいもある。

そんなことを思い出した、

セミナー受講だった。

2022.06.24

浸透させる?共感と共有?

先日、船井総研の年1回のビッグイベント

経営戦略セミナーがありましたので、

Zoomで受講していました。

 

その中の1つで、

脱炭素経営(GX)を推進する、

大川印刷さんの話しがありました。

 

脱炭素経営を浸透させるためには

どうするか?という話しの中で、

こんな話しが印象的でした。

 

「浸透させるって、どこか上から目線。

ものごとは、共感していないと進まない。

共感を育てて全社で共有します」

※たしか、こんな話しだったと思います。

 

経営者って、業績あげたり、

社員さんの給料を払ったり、

借入金を返済したりと、

いろんなことに追い込まれる。

 

そのために、物事を進めるのに、

少し強引に進めたくなってしまいます。

それ自身は当然のこと。

私も、心当たりありすぎるくらいあります。

 

単なる作業であれば、それでも結果は出ますが、

理念的なものや、自分たちの在り方は

強引に進めれば、反発も強くなる。

 

本当に進めたいのであれば、

共感を育てながら、みんなと共有していく、

無理をしないのが、

結果的には早いのかもしれません。

 

 

脱炭素経営は、企業の持続可能性を高める取り組みの一環。

企業にとって究極の持続可能性は、

すなわち収益性。

それが、社会、社員、その他のステークホルダーの利益につながることになる。

そのために、業務を効率化していくこと。

効率化は、脱炭素になることがほとんどという。

 

確かに、労働時間が短くなれば、電気を使わなくなる。

Webミーティングの活用で、

ガソリンの使用量は減り、CO2などの排出量は減る。

 

企業の持続可能性を高めることと、

収益性を高めることは一致するのですね。

2022.06.14

新規事業の参入障壁と中小企業の活路

きょう(きのう)から

船井総研の経営戦略セミナーを

受けています。

 

今年もこんな時代ですので、

オンラインのみでの開催。

 

いろんな話しがあった中で、

会計システムを提供しているfreeeの

佐々木大輔さんが

新規事業の参入障壁についての話しが印象的でした。

 

freeeは会計システムには10年くらい前に参入した。

そのころ、

「そんなのうまくいかない」

「むり、やめたほうがいい」

という意見をたくさん言われた。

 

今となっては会計システムのクラウド提供は当たり前。

だけど、10年前は、否定的な意見が大半。

これが参入障壁になっているということ。

 

独創的なアイディアほど、

その時点では常識はずれなので、

否定的な意見がほとんど。

多くの人は、ここでやめてしまう。

 

このような状況の場合、

大企業はその分野には参入できない。

中小企業であれば、

リーダーが「やるぞ」と決断すれば

参入することはできる。

 

なんで、そういうことができたか。

佐々木さんの親は、美容師だった。

その時にだしたプランが「男性だけの美容室を作ろう」だった。

いまでこそ、男性の美容師は普通になったが、

当時は、美容師は女性の職業だった。

 

「そんなのうまくいかない」

「むり、やめたほうがいい」

当然、そういう意見を言われたらしい。

しかし、それを作ったら大繁盛したそうだ。

 

ヒトのアイディアを否定する意見、

これが参入障壁になっていることは多い。

ヒトのいうことではなく、

本質的価値があるかどうか、

これが大切ということでした。

 

今では当たり前になったことの多くは、

その最初は、常識はずれで否定的だったものは多い。

古くは電気炊飯器もそうだし、

サラダチキンやスマホだってそうでした。

 

周りの意見に惑わされずに、

本質的価値があるかどうか、

時間の流れの中で、どのように世の中が変化していくのか、

そのようなことが大切になっていきますね。

 

当然と思っているところを疑ってみる

そこにチャンスがあるのかもしれません。

カレンダー

«7月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

ブログ内検索