ブログ・コラム

日々の雑感

2017.05.27

時間軸で考える

ある人に、「経営者に最も大切な感覚って何ですか?」(確かこんな感じ)と質問された。
私は、いままでそんなこと考えたこともなかったので悩んだ。
う~ん、なんだろう。。。

決めること
マーケティング
リーダーシップ
仕組化
雇用
社会の役に立つ
利他

人脈
ビジョンを示す
理念
社風づくり

どれも大切…
でも、その中で自分なりに出した答えが「時間軸で考える」ということ。

時間軸で考えるとは、続けること

みなさん、いろんな夢を持ってる。
目標を語る人もいる。
「こんなことしたら儲かる!」というアイディアを話してくれる人もいる。

その中で、意外と抜け落ちるのが
「その先どうするの?」
「同じものが出てきたら?」
「売れ続けるの?」
「どれくらいの期間でそこまで持っていける?」

時間軸で考えるとは、逆算すること


こんなお店でみんなに楽しんでもらいたい!
こんなサービスを出したい!
こんな商品をみんなに届けたい!
それは、すべて一瞬を切り取ったできごと。

そのイメージに持っていくまでに、クリアしなければならないことがたくさんある。
また、本当は出したいサービスを生み出す前に、もしかするとやりたくもない仕事で実績を作らなければ認められないかもしれない。
ゴールから逆算して、そこに持っていくまでに、どんな方法(ルート、ビジョンといってもいい)で実現するのか、それがイメージできる必要がある。

【時間軸で考えるとは、現実を受け入れること】
夢やビジョンを持っていても、きっとその通りにはならない。
絶対に予想外のことが起きる。

思わぬ競合が出てくる
商品が仕入れられない
社員さんがいうことを聞かない
パートナーに裏切られる

きっとびっくりするようなことが起きる。
でも、それを非難していたところで始まらない。
「なんで・・・」と考えていたって、仕方がない。
現実にそうなんだから、それを受け入れて、折り合いをつける。
「その中で自分は何をするか」これしかない。

予想外のこととは、必ずしも悪いことばかりではない。
幸運の女神が目の前を通り過ぎることもある。
その女神の前髪を捕まえられるかどうか。
「幸運の女神は不幸な顔をして現れる」ともいう。
そもそも、幸運の女神が通ったことを気づけるのかどうか、それは自分次第だ。

ちなみに、私の前に現れた幸運の女神は、
不幸な顔してたのと、幸運の顔をしてたのといろいろでした(笑)

そんな予想外のことが起きる現実と、
何とか折り合いをつけて
夢や目標に向かって進み続けること。
時には回り道をしなければならないかもしれないし、
嵐が通り過ぎるのを、じっと待つしかないこともあるだろう。
誤解を受けてもそれを甘んじて受けるしかない時だってある。
人生は短いとはいえ、それでも数10年ある。
そのうちの数年なんて、大きな問題ではない。

時間軸で考えるとは、成長すること

チャレンジをしても、成功するかもしれないし失敗するかもしれない。
望み通りの結果にならないことだって多々ある。
というか、だいたいうまくいくなんて3つに1つあればいいほうだ。

しかし、行動をすれば経験をする。
チャレンジをすれば成長する。
筋トレをすれば、筋肉の組織は壊れるけど、以前よりも強い筋肉となって再生する。
スジを伸ばしちゃうようなことはダメだけど。。。

人も地域も成長することが大切。
今は望み通りの結果が得られなくても、
人も会社も地域も組織も時間をかけて成長すれば、どんどんと良くなる。
そして、成長している手ごたえがあれば、夢を追い続けられる。
もちろん、自分もみんなも疲弊しないように、現実と折り合いを付けなければならないのではあるが。。。

いいことをすればいい結果が返ってくる。ただし時間がかかる場合あり

今の時代、時間軸で考える力がとても弱くなっている気がする。

そんなことすれば、こうなるのはわかるだろうというようなことをする(またはしない)人が増えている。

モンスターペアレントみたいなことをすれば、行事が中止になるのはわかりきっている
公園で事故が起きたら管理者責任を追及すれば、遊具が撤去のだって、あたりまえだ。
ボランティアでまたまた不幸な事故があったときに、過度な追及をすれば、ボランティアで子供の面倒を見てくれる人なんていなくなる。
会社や学校で文句ばかり言ったり権利ばかり主張すれば、規制するルールだって増える。

それと同じで、いいことをしていけばいい結果が返ってくる。
ただし、時間がかかる場合がある。
そういう時間がかかることを、ことごとくしない人が増えたように思う。
でも大丈夫。
いいことをやっている人はちゃんといい結果が返ってくる。
ちょっと時間がかかる場合があるけど。
でも、人生短いとはいえ、その結果が返ってくるくらいの時間はある。
それに、会社であれば社員さんたちに、
個人であれば子供たちに返ってくるから、だいじょうぶ。

時間軸で考えていこう!

2017.04.30

エビデンス アジェンダ 人に伝わらないカタカナ英語を勝手にランキング

ペンディング サマリー エビデンス アジェンダ マイルストーン コンセンサス ゼロベース フィックス コミット スペック フェーズ ファクター カスタマー・・・・

皆さんはこれらの単語の意味を全てわかりますか?

ビジネス用語としてカタカナ英語が使われることは多いと思います。しかし、あまりに行き過ぎてなんでもカタカナ英語を使っていると「意識高い系(笑)」などとバカにされてしまうこともあります。業界やまわりの環境にもよると思いますが、今回は私が感じた人に伝わらないカタカナ英語を勝手にランキングしていきます。

第5位 コミット

まずはコミットという単語。某CMで使われていたので聞いたことがある方は多いと思います。
しかし、意味がわからない人は多いはず!!私の周りで聞いたところ「隕石のこと」「痩せる」「データーベースのトランザクションが・・・」などという意見がありましたが、正解は「約束する」ことです。
聞きなじみはあるがわからない人が多いのであまり使わない方が無難な単語です。

第4位 コンセンサス

次はコンセンサスという単語。「お客様のコンセンサスをとってきて」などというように使います。
正直なところ私も最近までこの単語の意味がわかりませんでした。
意味としては「合意をとる」という意味です。

第3位 アジェンダ

第3位はアジェンダ。
「この会議のアジェンダは~」のように使いますが、日本語で言うなら「この会議の議題は~」となります。
4位、3位と日本語よりも長くなっているので人によっては「日本語で言え」と怒られてしまいそうですね。

第2位 フィックス

第2位はフィックス!これは「決定する」、「確定する」といったビジネス用語です。
IT業界でよく使われる単語のイメージがあります。
「この商品のスペックってフィックスしている?」のように使いますが、日本語で言えば「この商品の仕様は確定している?」となります。
2015年の統計では約80%の人はほとんど使っていないとの回答だったようです。

第1位 エビデンス

その他の単語を抑えて第1位にランキングしたのはエビデンスです。
正直なところ私はこの単語を使ってしまいますが、伝わらないことが多いので意識的に控えるようにしています。
意味としては証拠というような意味になります。
「(言った・言わないなどの問題を起こさないように)お客様にメールでエビデンス残しといて」などというように使います。



以上、私が勝手にランキングしたカタカナ英語でしたが、いかがでしたでしょうか。

ビジネスでは日本語よりも柔らかい雰囲気で使えるという利点はあります。
しかし、相手によっては伝わらなかったり、イラっとさせてしまうこともありますのでカタカナ英語を使う場合は注意してみましょう。

2016.12.31

アーティスティックス+長岡の2016年の3大ニュース!

長岡です。

2016年も、あと2時間ちょっと。

今年もいろいろありましたね。

でも、いろいろって、何がありましたっけ?(笑)

すぐには思い出せません。

振り返ってみて見ようと思います。

 

1.ドットツリー入居と、みらいラボ@ドットツリーのオープン

会社的には、これが一番大きかったかもしれません。

縁あって知り合ったドットツリーのオープン。

以前から知っていたNPOサプライズの飯倉さん。

いつか一緒にビジネスができたらな~って思っていました。

その飯倉さんを通して、オーナーの古藤田さんと知り合いました。

その目指すところに共感して、いやワクワクして、話しを聞いてる最中にだいたい入居を決めていました。

数日たってもその気持ちに変化がなかったので、直感を信じ入居。

 

そして、縁は続くもので、以前から知っていた面白技術者が当社に入社することになったのが10月。

その話し合いの中で出てきたのが、「みらいラボ構想」

私たちアーティスティックスの主力サービスである、ホームページ制作、セールスフォース、受託システム開発では解決できない地域の課題を、他の企業と一緒になって解決していく。

IoT、ICT、デジタルサイネージ、AI、iBeacon、スマートフォンなどの技術をベースに他企業とコラボ。

○○○xIoT、○○○xICT、○○○xAIを進めていきます。

○〇〇には、みなさんの業種、業務、製品、サービスを当てはめてください。

あなたのみらいがすぐそこに見えます。

一緒に、そのみらい、手に入れましょう。

 

2.ホァンホァン逝く

長岡個人としては、これはめちゃめちゃ大きな出来事でした。

これは大きかった。

私はペットロスにはならないのですが、それでも心にぽっかりと大きな穴が開いたようです。

一緒に過ごしたのはたった3年3か月。

短かったけど、幸せな時間でした。

こんな子は、もう二度と現れないかもしれない。

それほど素晴らしいパートナーでした。

 

ホァンホァン、ありがとう。

虹の橋のたもと、陽の当たるあたたかなところで待ってて!

雨降り地区じゃなくて。

そこには、ジュリーちゃんもいると思うよ。

またね!

 

3.コラボレーションの促進と助成金活用提案

営業的にインパクト大きかったのはこれでしょう。

今年になって本格的に助成金活用を進めて、自社のみならずお客様にも活用の提案ができるようになりました。

今年後半は、他社ではできないような助成金活用の提案も進んで、大変よろこんでもらいました。

もともと私たち事業主と社員さんたちが払っている雇用保険が原資となっている助成金。

もっともっと中小企業のために活用を進めます。

 

番外編.10キロ減のダイエットに成功!

今回はがんばりました!

なにをがんばったって、あきらめない心とでもいうのでしょうか。

まぁ、かなりゆるゆるのダイエットを長期間続けたというだけなのですが。

でも、長期間続けたおかげで、あまり太らない食生活が身につきました。

以前よりは、という条件付きですが(笑)

 

おかげで、健康診断の評価は、Cに改善!

3年前にF評価だったのを考えれば、上出来ですね。

なんといっても、肝臓の数値がすべて正常範囲ど真ん中になったことがうれしい。

中性脂肪等も、もう一息!

51にもなると、話題といえば健康ネタです(笑)

 

それではみなさん、2016年ありがとうございました。

来年もさらにいい年になるよう、よろしくお願いします。

(株)アーティスティックス

長岡善章

2016.12.14

会議をスムーズに行うテクニック

業務を進めていく中で、多かれ少なかれ会議を行っていると思いますが、話が発散してしまうことがないでしょうか。

私たちも大きい話では経営方針の議論、小さい話では個々の案件それぞれで打合せを行いますが、思ったように進まないことが多々あります。

この状況を何とかしたいと社内でなり、良い本に出合えたのでご紹介したいと思います。

本のタイトルは「世界で一番やさしい会議の教科書」なのですが、ストーリ仕立てで読みやすく、すぐに実践できる方法があったのでとても参考になりました。

詳しくは本を読んでもらえたらと思いますが、私たちはこんな感じに変わりました。

決まったことを確認する。

私たちは、長い時だと2時間以上打合せをすることもありますが、終わってみたときに何か決まったのか曖昧なままなことがありました。

そのため、せっかく打合せをしたにもかかわらず、行動に移されないことが多々ありました。

最近は、会議の最後にファシリテーター(司会)の人がやるべき事を中心に確認するようにしています。

そのかいがあり、会議で決まったことがすぐに実行されるようになりました。

予定時間を確認する。

打合せをするときに、主で話をしたい内容から発展して別の議論に入ってしまうことが多くあります。

気が付くと何時間も経っているなんてことがありました。

打合せに入る前に、議題ごとにかかる時間を決めてから始めると、参加者みんなが時間を意識するようになるので、「あれ、もうこんな時間になっている」なんてことが減りました。

目安の時間を合わせておくのは重要なんだと思います。

終了条件を確認する。

先にも書きましたが、別の議題に発展して本来話をするべき内容が話ができないことがありました。

発展した内容からさらに発展して、本題に戻った時点でだいぶ時間が経っていた、なんてこともありました。

打合せ前に何を決めるのか事前に話をしておき、それに集中して発言するようにしたところ、スムーズに進行して予定通り話し合いができるようになりました。

話の中で発展した内容がでることもありますが、そんな時は次回の議題にするなどして、できるかぎり寄り道しないようにしています。

スクライブする。

スクライブは、発言した内容をみんなに見えるように書きながら進行していくことです。

話し合いの中で、今何を検討しているのか見ながら頭の中を整頓するのが目的ですが、なかなか聞いた内容を書いていくのは、実際にやってみると難しいと感じました。

略語をまぜながら書いていくのがコツのようですが、訓練が必要だと思いました。

会議力を高めていきたいと思います。

なかなか有効な会議の進め方は難しいですが、もしよろしければ参考にしてもらえたらと思います。

カレンダー

«11月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

ブログ内検索

Copyright (C) 株式会社アーティスティックス All Rights Reserved.