ブログ・コラム

日々の雑感

2021.01.16

保護犬ってなに?

きょうは土曜日なので、個人的なブログです。

ミルカミルカ(フォルクローレ)ネタと合わせて

もう1つの私個人のネタというと、保護犬のことです。

 

保護犬というのは、何らかの理由で保護された犬です。

そのままですね♪

もしかして(ちょっと違いますが)迷い犬、捨て犬といったほうが、イメージしやすいかもしれません。

 

迷い犬、捨て犬は、役所や警察を経て、保健所に一時的に捕獲されます。

原則、ここで7日間預かり、飼い主が判明(名乗りを上げる)まで待ちます。

見つからない場合、殺処分(安楽死ではない)されるのが迷い犬、捨て犬の運命。

 

殺処分になる前に、希望者(その多くは、ボランティア団体)が引き出し、

保護して、里親を探します。

そういう犬を保護犬といいます。

殺処分になる前に保護されるから、保護犬。

 

保健所から引き出して(譲渡)保護される以外にも、いくつかのパターンがあります。

たとえば、悪徳繁殖業者からです。

悪徳繁殖業者・・・仰々(ぎょうぎょう)しい言い方ですよね。

一般的にはブリーダーというのかもしれませんが、

私は、悪徳繁殖業者のことをブリーダーというのには抵抗があります。

ブリーダーというのは、もっとちゃんと犬のことを考えている人たち。

本当はパピーミル(子犬工場)といって、ブリーダーと区分しているらしいですが、

あまり日本ではこの呼び方は普及していないかも?ですね。

 

悪徳繁殖業者は、年老いて出産数が減ってきた犬などを廃棄することがあります。

また、廃業するときに、まとめて犬を廃棄します。

そういうところから、ボランティア団体が引き取り、

保護犬として譲渡されることもあります。

 

何らかの理由で、犬が飼えなくなり、

ボランティア団体が里親探しに協力・代行するという形で、

保護犬として里子に出されることもあります。

 

ほかにもあるかと思いますが、主にはこの辺でしょうか。

私は、以前にホァンホァンという犬を飼っていました。

ホァンホァンは、元保護犬です。

残念ながら、私の元では3年3ヶ月しか過ごせなかったのですが、

私も、ホァンホァンにとっても、幸せな3年3ヶ月だっただろうと信じています。

 

それ以来、犬の保護活動のお手伝いをするようになりました。

ボランティアとしてがっつり保護活動している人たちに比べて、

ほんのちょっとのお手伝いなのですが、

お手伝いできる人がたくさんいたら、きっと不幸な犬が減るでしょう。

そして、もし犬を飼う人がいたら、保護犬を選択肢の1つに入れてみてください。

2021.01.12

不思議な図書館。でもおもしろそう

私たちアーティスティックスのHead Office(本社)がある、ぬましんCOMPASS。

その1階、私たちオフィスの目の前に、図書館ができるらしい。

この図書館が、変わっているというか、なんというか、不思議なんです。

60㎝ * 40㎝程度の棚があります。

希望者は、この棚をお金を払って借ります。

契約した人は、自分が本を用意して、その棚に自分の本を置きます。

図書館に来た人は、無料でその本を借りることができます。

以上。

この話しを聞いた時に、私の頭の中は???????がいっぱいでした。

なんていうか、ビジネス的につじつまが合っていないというか破綻しているというか。

みなさんは、どう感じますか?

不思議に思いませんでしたか?

 

お金を払って、自分で用意した本を置き、それを無償で貸し出す。

お金をもらって本を置くならわかります。

払ってなおかつ本も用意するんですよ!

おかしくないですか?

 

でも、この図書館、別のところで立派に成り立って、人気の図書館なんです。

私の中では理解できないものなので、とても興味があります。

自分なりにいろいろ考えたところ、なんとなくこれかな~という理由はわかってきました。

でも、頭で考えた答えです。

心で感じたものではありません。

 

みなさんは、どのように感じられますか?

 

ぜひ自分でも借りてみたいと思っています。

そして、どんなことが起きるのか?

どんな感情がわいてくるのか、楽しみにしています。

2021.01.11

フォルクローレってマイナーな音楽をやっています(コーヒールンバ)

今日は成人の日。

一応、会社は休み(私はちょっと会社行きましたが)ですので、

休みモードのコラムを軽く(笑)

 

先日、フォルクローレでもっとも有名な曲と言えば「コンドルは飛んでいく」ですとご紹介しました。

これについては、ほとんどの人は異論はないでしょう。

 

では、2番目は?

というと、これはいろんな意見があるでしょう。

その中でも、世間一般の日本人に知られているという条件付きで

独断と偏見で私が決めると

「コーヒールンバ」

ではないでしょうか。

 

もっと他にあるだろう

そもそも、これフォルクローレなのか?

など、さまざまな異論は出そうですが、すべての異論は却下しますwww

 

話しを続けます(ぉぃww

コーヒールンバは、荻野目洋子、西田佐知子、ザ・ピーナッツ、森山加代子、井上陽水、工藤静香など

本当に多くの人がカバーしていますので、メロディくらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

原曲は、Moliendo café(モリエンド・カフェ)日本語に訳すと「コーヒーを挽きながら」という

ベネズエラの作曲家による曲です。

 

ちなみに私は、モリエンド・カフェが割と好きでして、

私のわがままで、ミルカミルカのレパートリーに入れてもらいました(笑)

 

伊豆市文化協会 ロビーコンサートの時の演奏を、よかったらご覧ください。

 

フォルクローレというとなじみがないような気がするかもしれませんが、

実は意外と日本に入り込んでいるのが、フォルクローレです。

2021.01.10

音楽という趣味

きょうもお休み。

今日は珍しく家でも仕事をしていない1日でした。

本当の意味でのオフ。

小さな会社とは言え、一応経営者。

なにをしていても、仕事のことは頭から離れません。

そんな中でも、仕事を忘れ、頭を空っぽにできる数少ない時間が、趣味の音楽の時間です。

私は、音楽は本当にいい趣味だなと思います。

音楽は一生の趣味になります。

演奏という意味では、音楽を趣味にしたのは、17才の時でした。

学校の寮で同室だったギタリストの影響で、

ベースギターを始めたのが最初でした。

当時は、ハードロックをおもに聞いていました。

メジャーな流行りモノ、ブリティッシュとアメリカン両方の

ハードロック/ヘビーメタル系の音楽をいろいろ。

 

ゲーリー・ムーア

オジーオズボーン

Y&T

スコーピオンズ

UFO

マイケルシェンカーグループ

ヴァンヘイレン

ヨーロッパ

TOTO

ナイト・レンジャー

WASP

モトリークルー

アイアンメイデン

RUSH

ホワイトスネイク

QUEEN

KISS

 

あぁ・・・・なつかしい(笑)

学生のアマチュアバンドを組んで、楽しんでいました。

卒業してしまうと、しばらくは演奏することもなくなりました。

友人の結婚式があるたびに、楽器を持ち出し数曲を演奏するくらい。

 

でも、アウトドアの遊び仲間の先輩がケーナを吹いていて、

その演奏を聞いたことで、ケーナで音楽に復活。

その後、サンポーニャ中心に転身して、先輩のグループに入れてもらいました。

そのあとに、別の仲間とミルカミルカを組んだのが13年前くらいでしょうか。

ミルカミルカが、一番長続きしています。

 

演奏の趣味はとてもいい趣味だなと思います。

まず、演奏できるようになることが楽しい。

自分の好きな曲を聞くだけじゃなくて演奏できるようになる。

できないことができるようになるというのは、やはり楽しいものです。

趣味の一番基本的なところかもしれません。

次に、みんなで合奏することができる。

みんなで合わせて1つの曲を演奏すると、

ひとりで演奏するのは、また違う楽しさがあります。

うまくいってもいかなくても、それ自体が楽しい。

そして、演奏を聴いてもらえる楽しさもあります。

自分たちで演奏していると、だんだん誰かに聞いてもらいたくなる。

どこかで、披露したくなる。

私たちミルカミルカが演奏するフォルクローレは、

比較的年配の方々にも喜んでもらえる音楽です。

地域のイベントだけじゃなく、施設での演奏など、

声をかけてもらえることも多いです。

 

一生の趣味を持てたというのは、幸せなことだな~と、感じています。

2021.01.09

フォルクローレってマイナーな音楽をやっています。

きょうは会社がお休みです。

なので、仕事関係の内容を離れて、

私が趣味でやっている音楽、フォルクローレについて

ちょっとご紹介をします。

みなさん、フォルクローレってご存知でしょうか?

フォルクローレという言葉自体は、

英語のフォークロア(folklore)を語源としています。

もともと、民族的なというような意味なのですが、

音楽でフォルクローレというと、

中南米音楽の1種、特に、アンデス山脈やその周辺の

民族の伝承音楽をさします。

 

また、その民族音楽をもとに、現代の音楽にアレンジされたものができてきました。

これが1950~70年代に中南米音楽の1つとしてブームとなり、

日本にも入ってきました。

60代の人には、若いころにフォルクローレに親しんだ人も多いのではないでしょうか。

 

私たちは、ミルカミルカという名前のグルーポを作って

演奏を楽しんでいるアマチュアです。

ちなみに、フォルクローレではグループのことをグルーポとかコンフントとかいったりします。

私は違いますが、グルーポのメンバーは、大学や若いころにフォルクローレブームだった人が何名かいます。

音楽は一生の趣味として楽しめる、よい趣味ですよね。

さて、フォルクローレでは実は以外と日本で有名な曲がいくつもあります。

その中でも、もっとも有名なのは、やはりこの曲ではないでしょうか。

これは、私たちが演奏した動画です。

アマチュアなので、あまり上手ではないのはご勘弁を(笑)

コンドルは飛んでいくは、1970年代にサイモンとガーファンクルによりカバーされ、

世界的に有名になった曲です。

聞いたことない人はいないのではないか?と思うほどに有名な曲ですね。

 

原曲は1913年にペルー人作曲家のダニエル・アロミア=ロブレスにより、

オペラのようなものの序曲として発表されました。

その後、曲だけが残り、多くのグループにカバーされたり歌詞がつけられました。

私たちミルカミルカは、地域のイベントや介護・福祉施設での演奏に呼んでもらう機会が多いですが、

必ず演奏する曲、それが「コンドルは飛んでいく」です。

カレンダー

«1月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

ブログ内検索