ブログ・コラム

みらいラボ

2017.08.08

三島市とICT等を活用したまちづくりに関する協定

2017年8月8日、三島市と弊社は、ICT等を活用したまちづくりに関する取り組みを協働で実施するために、協定を締結しました。

この協定が目的としておりますのは、ICT等を活用したまちづくりに関する取り組みを、三島市と協働で推進することで、ICTによる市民のデジタルライフ向上やICT産業の振興などに資することを目的としております。

弊社の研究所「みらいラボ」にて行っております、

  • オープンデータのような官民データの活用
  • IoT、AI、ロボットなどのICTを活用

などを、まちづくりに活かしていく取組みを、三島市と協働で推進します。
市民の方々に充実したデジタルライフを過ごして頂いたり、今既に重要となっております ICT教育 や ICT産業などの促進等貢献できるよう、共同で色々な施策及び実証実験を行い、その活性を目指しましょう!と、いう内容です。

…と、なんだか抽象的なことが色々書いてありますが、具体的にご紹介しますね。

締結式での記念撮影

左から Pepper, 雄大株式会社 土屋 雄二郎 代表,豊岡 武士 三島市長, 弊社代表 長岡 善章

具体的に何をする?

オープンデータを活用した地域密着型ICTソリューションの開発

三島市内の実際のデータ、例えば、過去から現在までの市内の人口増減データやAEDの設置場所 などをデータ化し、一般に無料で公開しているデータの事を“オープンデータ” といいます。そのオープンデータを利用し、市民向けの新たなサービスを開発し、三島市と共に実証実験を行った結果、良いものが出来上がった場合、市民の皆様にご提供する予定です。

さらには、新たに「こんなデータが取れればなぁ」という、今までになかったデータを取得・集積する方法・手段を開発し、新たなデータを創出できるよう努めます。

関連リンク:

 三島市 オープンデータ

Pepperなどのロボットや最新技術を利用した教育への貢献

締結式後の意見交換会

締結式後、現状や今後について談話

この度の協定には、雄大株式会社の土屋 雄二郎 代表取締役 も御列席されておりました。みらいラボにお越し頂いた方はご存知の通り、実は、みらいラボ所長の西島は、雄大さんの特例社員として、ロボティクス事業部の現役部長を兼任しております。なんと西島の部下はソフトバンクロボティクス株式会社の感情AIロボット “Pepper”が4体なんです。

その Pepper に、弊社で開発したAI等技術を実装したアプリケーションなどを利用し、今まで県内外の複数カ所の小学校や中学校で体験型授業、そして県内の介護施設にて認知症対策のPepperアプリや、介護向け体操、ふれあい体験などを、月に一度様々な施設にて実施しています。

この度の協定を受け、そうしたロボットなどによる活動や、プログラミングを楽しく体験学習できるような活動を行い、子供たちには、より ICT に興味を持ってもらう様な機会を、そして介護施設や市内のイベントの盛り上げなど、積極的に参加して行く予定です。

関連リンク:

 三島市長 定例記者会見 (11) ICTを活用したまちづくりに関する協定の締結について

2017.02.03

静岡経済研究所発行の月刊誌「SERI」にドットツリー修善寺が特集されました。

一般社団法人静岡経済研究所が発行している月刊誌「SERI Monthly 2017 2」に、アーティスティックスみらいラボ@ドットツリーが入居しておりますドットツリー修善寺が特集されました。

「わきあがれ!地域パワー」の特集ページ2ページにわたり「住む」+「働く」で地域を元気に!ドットツリー修善寺と題して、3つのトピックスで掲載されています。

  • 職住近接のコンセプト型賃貸住宅
  • 多彩な入居者による事業連携が始まる
  • ”商いの力”で伊豆を元気に!

「多彩な入居者による事業連携が始まる」の記事の中で、タケチカメラさんとアーティスティックスのコラボレーションを取り上げでいただき、嬉しい限りです。

その中で、弊社加藤が「契約前から入居者とのコラボ企画を考えていた。今後はIoTを活用した仕組みを立ち上げ他の事業者とも共同展開していきたい。」と偉そうに語ってます(笑)

「SERI Monthly 2017 2」は一般社団法人静岡経済研究の会員様向けの情報誌になります。
一般には見る機会が少ないかもしれませんが、是非、ご覧になってくださいね。

2016.12.10

2016年の感謝の気持ちを込めて、年末挨拶状を送付しました。

2016年年末挨拶状

2016年も残り20日となりました。本当にあっと言う間で時間が経つのは早いですね。

アーティスティックスは昨年に引き続き、年末挨拶状と言う形で、日頃お世話になっております皆様に感謝の気持ちを伝えるため、ご挨拶状を送付いたしました。

お手元に届いている方の中には、年賀状早過ぎる!!って思った方もいらっしゃると思いますが、あくまで「年末挨拶状」なので、ご了承ください。

2016年も皆様には大変お世話になりました。誠にありがとうございました。

アーティスティックスの大きな出来事としては、

  • みらいラボ@ドットツリーを開設し、伊豆地域への進出と新分野へチャレンジ
  • 売上アップ祭りをはじめ、助成金説明会やコラボセミナーの他業種の方とのコラボレーション強化
  • 代表長岡ダイエット、見事に成功!?

などあります(笑)
皆様はどのような一年でしたでしょうか?

2017年は、今まで通りの継続したセールフォース導入とホームページ制作、システム開発に加え、みらいラボ@ドットツリーの事業(IoT、デジタルサイネージ、各種センサー監視など)を中心に、地元静岡の皆様にお役立ちできる・HAPPYを届けるスーパーヒーローのようにパワーアップしていきます。

皆様、変わらずのご指導、ご愛顧をよろしくお願いいたします。

年末年始の休業について

2016年12月30日~2017年1月3日

(仕事納め:2016年12月29日は(大掃除)・仕事始め:2017年1月4日)

2016.11.12

知ってる?伊豆フェスタ 1日目@ドットツリー修善寺

2016年11月12日、13日にドットツリー修善寺にて行われている「知ってる?伊豆フェスタ」の1日目に参加しました。
主催は自然療法サロンミモザさんとカルノ造船さん。

広場にテントや竹ドームが建ち、伊豆周辺の作家さんや生産者さんが数多く出店しております。

普段はオフィス街なのでひっそりと静かに仕事しているのですが、その風景とは全く違った顔になりました。

そして私たちアーティスティックスもドットツリー修善寺の住人として、フェスタを盛り上げるため出店いたしました。

「地域密着型のIT企業として、伊豆の皆様に知ってもらいたい。」そんな思いを込めて・・・

ドーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!

「大仁東焼き」

みなさん、おわかりですよね。IT企業ならではですよね。

I(イケてる)T(たこやき)「大仁東焼き」・・・

えーっと、あまり伝わらないみたいなので(笑)説明しますね。
実は、たこ焼きのように見えますが、たこ焼きではないんです。

たこの代わりに大仁の浮橋地区で採れた「しいたけ」が入っているんです。
生地やとろみのついたあんかけ風のダシにもシイタケをふんだんに使っているんです。

これが、本当に美味しいんです。なんと50皿完売いたしましたーーーーっ。
ご購入いただきました皆様ありがとうございました。

いつもは、みらいラボ@ドットツリーで、開発の仕事をしている西島所長も大活躍でした。パソコンの前でプログラミングしているより、こっちの方が似合ってるかもしれません(笑)

大仁東研究会(大仁東幼稚園のお父さんの会)のみなさま、ご協力大変ありがとうございました。

このイベントでは、タケチカメラさんが「伊豆光影堂」と言う写真展を行っています。

「伊豆光影堂」とは伊東、稲取、修善寺で月一回ずつ開催しているタケチカメラさん主催の写真教室の呼称で、現在、熱海、伊東、東伊豆、下田、伊豆市、伊豆の国市、三島市、函南町、清水町、飛んで静岡市からの50名以上の方が参加されてるとのこと。

そして、今回の写真展のテーマは

【私の住んでいるところ】

です。

地元の魅力だったり、生活しているなかでの美しい光景や、面白い出来事などをそれぞれの視点で捉えたものを一人二枚ずつ展示しております。

写真はなぜかタケチカメラ修善寺店を切り盛りしている、ローソンの経営者中村君。

出店イベントのほか、このフェスタでは、より「伊豆を知ってもらう」をコンセプトに、ドットツリーのみなさによる「いどばた会議」と言うトークショーを行っています。

ドットツリーが誇るアウトドアチームのトークショーでした。

山を走る、お寺を巡って歩く、川に飛び込んで遊ぶとジャンルは違えど、共通する点も多く、何より伊豆の魅力をわが身で実感されているみなさんの言葉には説得力があり、伊豆の魅力を再発見できた大変面白いないようでした。

明日、13日も開催しておりますし、修善寺ではバルも開催中です。

是非お越しくださいね。

カレンダー

«11月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

ブログ内検索

Copyright (C) 株式会社アーティスティックス All Rights Reserved.