ブログ・コラム

2021.11.16

正解のない時代に何が求められるのか

きのうは、毎月のお楽しみ

西原ゼミでした。

 

西原ゼミは、かつ銀や一番亭などを展開している

にしはらグループの西原会長がゼミ長、

NPOサプライズの飯倉さんが副ゼミ長です。

 

西原さんは、毎日本を1冊読んでいて、

その内容をまとめて解説したものを

ブログやYoutubeで発信してくださっています。

 

それらを月に1回、まとめて話しをしてくれるのが西原ゼミ。

 

きのうのテーマは

正解のない時代には何が求められるのか

~~ただ、一歩前へ、踏み出すこと~~

 

ちょっと事情があり、

ながらで聞いていたため、

耳に残ったポイントについて

いくつか書いてみます。

 

「倍にも3倍にも大きくなりたければ、5倍も10倍も働け」

今の時代、なかなかこれは言いづらいことではありますが、

経営者・個人事業主に限ってということになりますかね。

 

私も独立したころは、

毎晩10時以降まで働いたな~

(あっ、独立する前からかwww)

 

残念ながらそんなに大きくはなってないけど、

創業時代って、そんなものだよね。

 

関連して思い出したのは、

「質と量とどちらが大事にしていますか?」

と聞くと、中小企業の経営者の8割は、

質を求めたがるということ。

しかし、私は、質は量で担保されると思っています。

もしかすると、私が創業だからなのかもしれないけど。

創業当時なんて、私の仕事ぶりはとても未熟でした。

技術は多少あったかもしれないけど、

それでも、レベルは知れています。

仕事ぶりなんて、いろいろと気が回らないことが多かった。

それでも、頼んでくれる会社があって、

それを一所懸命こなしていたから、

次につながってきたと思う。

 

野球選手だって、

打てるようになってから打席に立つのではなく、

打席に立ちながら、打てるようになっていく。

 

打席に立ち続ける自分でありたいですね。

カレンダー

«11月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

ブログ内検索