ブログ・コラム

2021.01.09

フォルクローレってマイナーな音楽をやっています。

きょうは会社がお休みです。

なので、仕事関係の内容を離れて、

私が趣味でやっている音楽、フォルクローレについて

ちょっとご紹介をします。

みなさん、フォルクローレってご存知でしょうか?

フォルクローレという言葉自体は、

英語のフォークロア(folklore)を語源としています。

もともと、民族的なというような意味なのですが、

音楽でフォルクローレというと、

中南米音楽の1種、特に、アンデス山脈やその周辺の

民族の伝承音楽をさします。

 

また、その民族音楽をもとに、現代の音楽にアレンジされたものができてきました。

これが1950~70年代に中南米音楽の1つとしてブームとなり、

日本にも入ってきました。

60代の人には、若いころにフォルクローレに親しんだ人も多いのではないでしょうか。

 

私たちは、ミルカミルカという名前のグルーポを作って

演奏を楽しんでいるアマチュアです。

ちなみに、フォルクローレではグループのことをグルーポとかコンフントとかいったりします。

私は違いますが、グルーポのメンバーは、大学や若いころにフォルクローレブームだった人が何名かいます。

音楽は一生の趣味として楽しめる、よい趣味ですよね。

さて、フォルクローレでは実は以外と日本で有名な曲がいくつもあります。

その中でも、もっとも有名なのは、やはりこの曲ではないでしょうか。

これは、私たちが演奏した動画です。

アマチュアなので、あまり上手ではないのはご勘弁を(笑)

コンドルは飛んでいくは、1970年代にサイモンとガーファンクルによりカバーされ、

世界的に有名になった曲です。

聞いたことない人はいないのではないか?と思うほどに有名な曲ですね。

 

原曲は1913年にペルー人作曲家のダニエル・アロミア=ロブレスにより、

オペラのようなものの序曲として発表されました。

その後、曲だけが残り、多くのグループにカバーされたり歌詞がつけられました。

私たちミルカミルカは、地域のイベントや介護・福祉施設での演奏に呼んでもらう機会が多いですが、

必ず演奏する曲、それが「コンドルは飛んでいく」です。

カレンダー

«1月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

ブログ内検索