ブログ・コラム

2012.02.12

営業をマーケティングとセールスに分けて考える

 私たちは、一口に営業営業と言いますが、これを、マーケティング(集客)とセールス(商談)に分けて考えていくことが、うまくいくコツだと思います。

 

これを、ごっちゃにして考えると、訳がわからなくなってしまうんですね。

正確に言えば、集客とマーケティングは違うでしょう。

でも、学問的な細かい話は置いておいて、わかりやすくそのような言葉にします。

 

集客とは、言葉通り、お客様が集まるようにする活動です。

もう少し詳しく言うと、新たな見込み客と私たちと、どうやって出会うのか。

マーケティングの専門家の方、「そうじゃない」という異論があるんでしょうが、お目こぼしください。

 

そして、セールス(商談)は、見込み客から出てきた要望・お困り事などの具体的な案件に対して、私たちが持っている商品・サービスを使って、問題解決していく活動のことです。

決して、物を売りつけることが、営業の仕事ではない。

お客様のお困り事が解決すれば、その対価として、売上がいただけます。

 

理想を言えば、マーケティングとセールスは、分業したほうがいい。

必要なスキルや考え方が違うから。

といっても、中小企業の場合、そんなところまで人員をさけるわけもありません。

ですから、せめて、マーケティングとセールスを分けて考える習慣付けをするように、私は意識しています。

 

でも、マーケティングは奥が深いですね。

私なんて、入り口に立ったくらいです。

小規模事業者でも使えるマーケティングを、もっともっと身につけていきたいです。

カレンダー

«2月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29    

ブログ内検索