ブログ・コラム

2012.06.27

Wagby(ワグビー)・・・プログラミングしないという選択肢

みなさんは、「自分の思った通りの、システムがあったら、社内の仕事がやりやすいのになー」って思ったことはありませんか?

あるという方、どうしてオーダーメイドしなかったのでしょうか?

おそらく、大きな理由は金額でしょう。
とにかく、ゼロからシステムを作るのは高すぎる!
まぁ、私が言うのもなんですが・・・

それを回避する方策の1つに、「プログラミングしないでプログラムを作る」という選択肢があります。

きのうは、JIETの集まりがありましたが、そこで、ジャスミンソフトの贄(にえ)社長にご講演いただきました。

ジャスミンソフトさんは、国産ノンプログラミングツールWagby(ワグビー)の開発元です。

Wagby(ワグビー)は、詳細仕様書を書いていくと、それを変換(コンパイル)するだけで、プログラムを生成するというものです。
主として、業務系(データ処理・集計)に向いたツールです。

これからは、過去のような大規模な開発予算を確保できる会社は少ない。
でも、過去のシステムをそのまま使い続けるわけにもいかない。
それらをいっぺんに解決するソリューションが、世の中で求められている。
その方法が、ノンプログラミングによる自動生成ツールを活用した開発だと、贄社長は断言しています。

日経コンピュータの「超高速開発が日本を救う」でも取り上げられている、Wagby(ワグビー)

私たちアーティスティックスも、代理店として扱っています。
もし、低価格にオリジナル業務システムを構築したい。
自分でシステムの改修まで、できるようになりたいと、お考えの方がいましたら、
一度、お問い合わせください。
デモや、お試しなど、いろいろと体験することができます。

カレンダー

«6月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索