ブログ・コラム

2021.02.18

自分から仕掛けるほうがいいな

きのうは、私が所属している静岡県中小企業家同友会沼津支部

(通称、同友会)の2月例会でした。

 

私は経営指針(一般的にいう経営計画書)を創る会に所属しているので、

今まで、どのように経営指針に取り組んできたかを報告しました。

経営指針書を作るようになってから、どれくらいだろう。

たぶん、15年くらいたつと思うのです。

 

その間、いろいろありました。

という話しは、2/15にも書きましたね。

 

 

話しは変わりますが、同友会で、あすSDGsの勉強会を有志で企画をしました。

 

同友会に限らず、このような組織の中では、

自分が主体的に企画・提案・自分で実行するのが

いいな~と思っています。

よく、会に対して不満を言っている人がいます。

同友会のような組織は、

自分自身もその会の一部であることに、気がついていません。

会に不満を言うことは、自分に不満を言うことになります。

 

ということは、自分で改善ができる(可能性がある)ってことですよね!

 

そんなこともあり、私は、今回、有志で(といいつつ、私一人なのですが)

同友会の中で、SDGsの勉強会を企画しました。

明日の夜19時から開催します。

もし興味のある人がいたら、オブザーバ参加可能ですので、

私にご連絡ください。

 

これは、会社においてもまったく同じことが言えます。

以前、私たちアーティスティックスでは

「今のやりかたは良くない。

 ○○については、会社がやるべきですよね」

という意見(?)がよく上がっていました。

ずっとこれに違和感があったのですが、

ある日、気がついてしまったのです。

 

会社というものは概念であり、

実際に、モノとしては会社というのはありません。

ある(いる)のは、社長であり社員であり、オフィスや商品だったりします。

会社がやるべきという意見は、

実は、私はやる気がありませんと言っているのも同じ。

 

それに気がついてからは、

社内でよく私が言うようにしたことがあります。

「”会社が(または自分以外の誰かが)○○をやるべき”という意見は

 それが良い意見だったとしても、厳しく見て8割がた却下するでしょう。

 その代わり、”私が○○をやりたい”という意見は、

 たとえそれがピントがずれてたとしても、

 まずはやってみましょうと、8割がたOKします。

 なので、そのような意見提案をお願いします。」

 

この話しは、普段から事前に伝えておきます。

意見が出てからこの話をすると、ギスギスしますので。

 

会社の状態によって、一概には言えないでしょうけど、

私たちアーティスティックスでは、

この姿勢は社員に浸透して、会社が変わりました。

 

やはり、自分から仕掛けるほうが、いいですね~

カレンダー

«2月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28       

ブログ内検索